6/24 ルアーの方お二人と・・・

二つの渓流へ行ってきました。1年ぶりの再会です。午前と午後で川を替えての釣行です。
午前の川は反応が多く、3人で交代しながら楽しい時間を過ごします。
虫も多く出ていて、ライズもありました。

RIMG0017_201806242048077e3.jpg

お二人の釣りはスマートでキャストも的確、コンスタントにマスをキャッチしていきます。見ていてとても勉強になりますし、楽しくなります。
3人が交代で釣りをしていくのですが、そのタイミングも良く、釣りをしている人を二人が後ろから見ているという流れです。

RIMG0021_20180624204806872.jpg
「ランディング・シーン」

午後に入った川もマスの反応は良かったです。プールやブッシュ下ではライズも見られ、僕のフライにも反応が出ました。

RIMG0026_201806242048057bd.jpg
RIMG0027_20180624204804d38.jpg
「二つの写真は午後の部の川の魚。両方共ライズしていました。」

僕の課題である「自分のミスの一つ」が今日は少し改善できました。もう一つは今日も1回発生し、まだ原因も対処法もわかりません。お二人に聞いても「何でやろう?」ということでした。こんな事をここに書くことは恥ずかしいことです。一刻も早く解決したいものです。

楽しい時間はあっという間。午後4時半に終了しました。とても有意義な1日で、またの釣行を約束して帰路につきました。
ありがとうございました。

tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流スクール

スク-ル予定表・お申込み状況

スクール予約状況(6/24現在)

7/26(木) キャスティング・レッスン入っています。

僕の電話:090・3459・6804 メール:yuki.0206trout@docomo.ne.jp またはコメント欄・メール・フォームなどを利用してお申込み下さい。
 
お申込みの際に「お名前 住所 携帯番号 血液型 生年月日」をお知らせ下さい。住所・血液型等は当日でもOKですよ(保険に入ります)。

下記の日はスクールができません。スクール申し込みの方はこれらの日を外してお願いします。
   
     
キャスティング・レッスン、員弁川スクール、などもお待ちしています。

    フライを始めてみたいと思っている方、お手伝いします。どんな質問も歓迎します。気軽にご連絡ください!!


DSCF8632_20101204191552.jpgDSCN0347-0.jpgDSCF8645.jpg3_20130717230407.jpg009_20130808221858b95.jpgDSCF1475.jpgRIMG0100.jpgRIMG0511.jpg
RIMG0435.jpgRIMG0185.jpg

DSCF8183_20101013212534.jpgDSCF1426.jpgRIMG0255_201604201558297f9.jpg        「一昨年の4月、員弁川の本流プールで釣れたアマゴです。ライズしていました。37センチ」



 キャスティング・スクール、タイイング教室なども申込み受付ています。河川敷などでも可能です。お問い合わせ下さい。
 

  各種スク-ル申込みお待ちしております。柚木光宣(ゆきみつのり)

携帯 09034596804 メール yuki.0206trout@docomo.ne.jp コメント欄 メール・フォーム等を使用して当方までお願いいたします。

tag : キャスティングスクール フライ・フィッシング・スクール カーブ・キャスト

6/22 Yさんのレッスン

彼が初めての渓流で行いました。天気は快晴、風が少し、爽やかな緑の中、お勉強して頂きました。
まず、キャスティングからレッスンします。
①・・・ラインが先に落ちて、フライが後から水面に落ちます。フォルス・キャストはきれいなのですが、シュート(プレゼンテーション)時に力の入れ方がズレて、なめらかな加速ができていないのが原因です。やり方を説明してしばらく練習してもらうと真っすぐ伸びて落ちるようになりました。
②・・・キャストの「面」が少し外側に膨らんでいます。グリップを見ると、ロッド・エンドが内側に入っています。腕の中心にロッドが来るようにキャストしてもらいます。するとラインが真っすぐ飛ぶようになりました。これも繰り返しの練習が必要ですね。
③・・・真っすぐ伸びて落ちるようになったので、「カーブ・キャスト(U字キャスト)」の説明もします。これも理論からお話します。
手を添えて力の加減を感じてもらいます。どこで力を抜くのか?を感じてもらいます。これもまた、繰り返しの練習が必要です。

理論を理解して、繰り返しの練習で体が覚えるまでやって下さいとお話しました。

ポイントを説明しながら、立つ位置、フライを落とす「スジ」と「場所」、流す距離、攻める順番などをお話していきます。
アマゴとイワナがどこにいるか?良型はどこにいそうか?・・・水深、流速、底石、流れの組み合わせなどを説明します。

すると・・・きれいに流れたフライをイワナが静かに食べてくれました。合わせも上手く決まり、キャッチ。おめでとうございます!

RIMG0016_201806222145524c2.jpg

少し上流の深さのあるポイントに来た時、流心の右側の少しゆるい流れにフライがきれいに流れると、これもイワナがゆっくり出てくれました。いい型です。フライを落とす位置、流れ方が良かった訳ですね。

他にもティペットのお話、フライのこと、ピックアップ、ライン・リトリーブなどの説明をさせて頂きました。

Yさん、ありがとうございました。

情報です。峠が通れるようになっていました。落ちた橋の工事が始まって、仮設の橋が架けられたようです。次回はそちら回りで行ってきます。



tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流フライ・スクール

川の歩き方

●なるべく岸を歩く・・・水の中は思いのほか音が響きます。
●砂を踏んだら注意・・・砂が付いたまま石に乗るとスベリます。
●大雨の後は石が動く・・・大きな石でも動く可能性があるので注意します。
●川を渡る時・・・少し上流向きに歩きます。下流方向へは歩きません。バランスが崩れて危ないです。
●川を渡る時・・・小幅で歩く。バランスを崩さないためです。
●川を渡る時・・・大きな石には乗らない。スベリます。
●川を渡る時・・・大きな石の間の低いところを歩きます。小さな石を選んで歩きます。
●川を渡る時・・・体の向きを考える。流れに平行にします。水の抵抗を減らすためです。バランスも保ちやすいです。
●川を渡る時・・・できればステッキを使います。二人なら手をつなぎます。
●広く緩いプールでは歩くとウエーブが発生します。ウエーブが上流へ動くのでマスに影響を与えることがあります。
  じれったいですがゆっくり静かに歩きます。
●浅い流れでは足を上げて歩く・・・抜き足差し足の要領ですね。音も小さくなるし、ウエーブも減ります。
●石を飛んだりしない・・・もし、すべったら大変なことになります。石が動くこともあります。
●水中で石を蹴とばさない・・・マスに逃げられます。
●川の中を歩く時・・・後から来る釣り人のことも考えておくといいですね。

tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流フライ・スクール

6/19 Sさんと飛騨へ

彼はルアーで、ここは4年ぶり2度目。9時半からスタート。天気は晴れ気味で水量は少な目です。
開始すぐに彼に1匹目。きれいなアマゴです。ミノーでした。

10時半を過ぎると、前回と同様にライズが結構出ます。
流れが穏やかで、晴れているのでフライはいつもより小さめの14番を選択。下の2匹はブッシュ下のそんなに深くない小さなポイントで出ました。イワナはいろんな場所にいるものですね。
RIMG0014.jpg
RIMG0015_2018061922393146f.jpg

今日入ったエリアは強い流れの場所が少なく、そういったポイントからは反応が出ませんでしたが、それ以外の瀬やプールからいいマスの反応も出て、楽しい釣行となりました。
しかし、個人的に納得できないことやミスがいくつかあって、反省もあった日でした。
後で彼と話をしていると、いいアドバイスを頂いたので、次回からの釣りに活かしていこうと思います。Sさん、ありがとうございます。

彼の釣りはポイント把握もしっかりしていて、キャストもきれいですし、見ていて楽しいし、勉強になりました。マスの反応も良かったですよ。

tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流フライ・スクール

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード