FC2ブログ

K君と・・・

午前7時半からスタート。平水で涼しいです。
しばらくは反応が薄かったですが、8時半頃からコンスタントに出始めます。
彼が瀬を流すと下の遡上ヤマメが出ました。ドリフトから合わせ、見事でした。

RIMG0091.jpg
RIMG0089_2018082119535573d.jpg

二人で瀬を中心に狙っていきます。彼がいい瀬を流すと、大きなマスが出ました。でもフッキングしません。「何で?」声が出ます!
彼はその後、何度もフライに出しますがキャッチに至りません。色々、勉強になったようです。

このアマゴも瀬から出ました。リーダーの材質を変えたので、幾分ドリフトが良くなったような気がします。
RIMG0094_20180821195350a5b.jpg

僕も、フライに出るが「ノラナイ」ことがあります。もっと精進しないといけません。

流れ込みからヒラキまでの距離が長い瀬は、下半分と上半分の2回に分けて流します。又、瀬の幅があればスジの数だけ流します。
流す距離は概ね2m前後ほど。流れによって流す距離は変わります。
流すスジは流心が第一。次は流心の横。流心の速さによって順番が変わります。
流れと流れの間は最重要ポイントの一つです。マスが両方の流れを見ている可能性が高いと思われます。
できるだけ真っすぐ流します。ドラグは禁物。マスに「発見されやすく、食いやすく」流すことを心掛けます。

今日使ったシステムは・・・18フィート・リーダー(バット2X)&ティペット(5x)。フライは茶黒のパラシュート・カディス(11番)のみ。
ロッドは4番。

Kさん!今日もありがとう!いつも付き合ってもらって嬉しいです。また行きましょうね!

tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流フライ・スクール

スク-ル予定表・お申込み状況

スクール予約状況(8/21現在)

9/8  渓流ガイド入っています。

僕の電話:090・3459・6804 メール:yuki.0206trout@docomo.ne.jp またはコメント欄・メール・フォームなどを利用してお申込み下さい。
 
お申込みの際に「お名前 住所 携帯番号 血液型 生年月日」をお知らせ下さい。住所・血液型等は当日でもOKですよ(保険に入ります)。

下記の日はスクールができません。スクール申し込みの方はこれらの日を外してお願いします。
   8/22(水)(組の用事)   9/4(火)釣行します。  
     
キャスティング・レッスン、員弁川スクール、などもお待ちしています。

    フライを始めてみたいと思っている方、お手伝いします。どんな質問も歓迎します。気軽にご連絡ください!!


DSCF8632_20101204191552.jpgDSCN0347-0.jpgDSCF8645.jpg3_20130717230407.jpg009_20130808221858b95.jpgDSCF1475.jpgRIMG0100.jpgRIMG0511.jpg
RIMG0435.jpgRIMG0185.jpg

DSCF8183_20101013212534.jpgDSCF1426.jpgRIMG0255_201604201558297f9.jpg        「一昨年の4月、員弁川の本流プールで釣れたアマゴです。ライズしていました。37センチ」



 キャスティング・スクール、タイイング教室なども申込み受付ています。河川敷などでも可能です。お問い合わせ下さい。
 

  各種スク-ル申込みお待ちしております。柚木光宣(ゆきみつのり)

携帯 09034596804 メール yuki.0206trout@docomo.ne.jp コメント欄 メール・フォーム等を使用して当方までお願いいたします。

tag : キャスティングスクール フライ・フィッシング・スクール カーブ・キャスト

Kさんをガイド

朝は冷えています。8時半頃からスタート。
ここは3回目なので、僕も前回より少し多く釣りをして下さいと了解を頂きました。

しばらくは反応が少ないです。気温が上がって、水面に陽が当たりだすとフライに出るようになりました。
僕の番になって、瀬を狙うと下のヤマメが飛びついてきました。

RIMG0085.jpg

次は彼がイワナをキャッチ。その後も彼は数匹をキャッチしました。

色々、話しながら、ゆっくり釣り上がっていきます。
「ここはいそうかな?」
「ここから本命」
「あそこは良さそう」
「瀬からは食い気のあるアタックがあるね」
「あそこの深みの底のほうに40センチくらいのマスがいるよ!」
「そう、そう、いいところを流れているよ!」
「ここは少し離れて狙おう」

彼に3回ほど「デカいマス」がきましたがキャッチできませんでした。思わず声が出ます!
釣り方は間違っておらず、たまたまでしょう。

僕は今日、作り直した「リーダー」を使いました。素材を変えたのです。結果は今日のところは上々でした。
次回以降も使って、様子を見ていきます。

また、フライの結び方も変えました。これも様子を見ていこうと思います。

ティペットの素材も変更しました。上手くいって欲しいです。





tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流スクール

僕のリーダーは半分手作り。

ティペットを入れた全長は17~18フィート。ティペットは5Xが多いです。

作り方・・・●2X、12フィートの市販のリーダーを用意。
      ●先端の細い方から1、5mほどカット。
      ●2,5号を40センチ結ぶ。
      ●2号を40センチ結ぶ。
      ●1,7号を30センチ結ぶ。
      ●1,5号を30センチ結ぶ。
      ●1,2号を30センチ結ぶ。
      ●1号を30センチ結ぶ。

これで、おおよそ14フィートくらいのリーダーができます。これに0,8号(5X)を1mほど結びます。これで17~18フィートのロング・リーダー&ティペットの完成です。

「リーダーを自作する理由」
市販のもので納得できるものがない。
比較的大きいフライを使うことが多いのでティペットを太くしたい。
その上でロング・リーダーにしたい。
バットも当然太くなる。

この考えは当然ながら僕の場合の考えです。リーダーの長さも人によって様々。自由ですね。
今はこのシステムでほぼ満足しています。

      

tag : 渓流スクール ロング・ティペット・リーダー

Sさんと・・・

彼はこの川は初めて。ルアーの名手です。
朝7時半からスタート。水量は数センチの増水。気温は14度。風がやや強く吹いています。
交互にやっていきますが反応が薄いです。出てくるマスも動きがスローな感じです。
いつもならライズも見られるのですが今日は見ることができませんでした。

昼前になって彼が下のイワナをヒット。ミノーのツイッチングで。

RIMG0083_20180817204347967.jpg

僕はいつも使っているフライよりワンサイズ下げます。するとポツポツ反応が出ます。しかし、フッキングできません。フッキングしてもバレます。何かが間違っているようです。

午後になると活性が上がったようで、フライが口の中に入っている場合もあります。

RIMG0084_20180817204345f8f.jpg

今日はいくつか反省点があります。
風が下流から強く吹いているので、カーブ・キャストやスラック・キャストが思うようにできませんでした。もっと考えないといけませんね。理屈としては・・・水面上に平行にキャストすると風に持っていかれるので、ポイントに角度を持っていくようにするといいのでしょう。
もう一つは・・・フライを落とす場所が、風のため微妙にズレてしまうことがありました。これも風の影響を受けないようにキャストしないといけません。





tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流スクール

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード