FC2ブログ

スラック・キャストをおぼえよう!

以前の記事を再編集しました。

スラック・キャスト。みなさんはどう思っていますか?どんなのがスラック・キャストでしょうか?

スラック・・・クネクネしたライン、シワの入ったティペット、リーダー。こんなところでしょうか?

昔はラインを水面にS字状に落とすのを「スラック・キャスト」と呼んでいました。今も通用する用語でしょう。また、ターンオーバー時にロッドを引いて落とすのもそう呼んでいます。他にも色々方法があります。

僕が今、渓流でやっているスラック・キャストは有名プロの方々の方法を参考にして作り上げてきたものです。それは里見さん言うところの「固めて落とす」です

リーダーやティペットだけをクシャクシャと落とします。少し馴れが必要です。短いリーダー・システムでは少々困難です(フライの近くにラインがきますので)。

この投げ方をカーブと組み合わせたり、左右どの角度からも投げられるようにします。

大まかに言うと「ループの先端がリーダーやティペットになっている時に落とす」になります。ループの先端から落とすのがポイントです。
そのためには「バック・キャストを高く」します。そうすると水面に向かう角度がつくので、ループから落としやすくなります。ループの先端が水面に落ちると、その先の糸はもうターン・オーバーする力がなくなるので、その場に固まって落ちるのです。

ラインの角度をいろいろ変えれば、カーブと組み合わせたりできるので、どんなポイントでもドラグを減らせます。またドラグが掛かるのを遅らせられます。

このキャストが最も生きるのが強い流れのすぐ向こう側を狙う時です。カーブ・キャストではドラグを防ぐのに難儀する時でも、このキャストではそう難しくありません。ロール・キャスト・メンディングと組み合わせれば強力です。

フライが長く、ゆっくりドラグが掛からず浮いているのを実現できます!それはもう、今にもマスが出てきそうです。

23.jpg

tag : 渓流スラック・キャスト フライ・スクール

U字カーブとV字カーブ

以前の記事を再編集しました。

渓流で主に使われる「U字キャストとV字キャスト」。仕組みや投げ方、使い分けについて考えてみましょう。

最初にお断りをしますが僕はまだV字キャストを完全にマスターできていません。そんな僕がこれについて書くことは甚だ失礼と思いますが今現在の知識と技術でもって考えてみます。

U字カーブ・キャスト・
・・ある程度のリーダー、ティペットの長さがあればキャスティングの技術次第で充分可能です。リーダーやティペットが短くても可能ですが難しくなりますね。ティペットを長くとったり、フライを大きくすればU字カーブにしやすいと思います。フォワード・キャスト時にループをサイド気味にしてターン・オーバーしないように投げればいい訳です。

V字カーブ・キャスト・・・条件は3つ。トルクのあるロッドを使う。ライン・スピードを早くする。ティペットを細く、長くする。

ティペットを細くする(5Xに6Xを繋ぐのではなく、4Xに6Xを繋ぐというふうにする)。そしてティペットを長くとる。例えば5フィート以上にする。そしてロッドはライン・スピードが上げやすくなるトルクのあるものを使う。最後にライン・スピードを早くしてキャストする。ライン・スピードを上げるとループの先端が尖ってくるからです。

普通、ライン・スピードを上げるとターン・オーバーしてしまうのですが上のようなシステムでそれを防ぐ訳です。ただし、いざという時は真っ直ぐターン・オーバーできるようにもします。

使い分け・・・U字カーブは流速の差が比較的少ないポイントが向いています。V字カーブ(V字キャスト)は流速の差があるポイントに使うと良いでしょう。極論を言うとV字カーブ(V字キャスト)のほうがどんなポイントでも使えると思います。

V字のほうがティペットにスラックが多く入るような気がします。U字でもティペットにたくさんスラックを入れることはできますがポイントによってはスラックが早く解けてしまうからです。これはU字とV字の形からくる物理的な原因によるものです。

U字、V字とも自由にポイントによって使い分けできるようになるといいですね。ティッペト部を長く取ってキャスティングで使い分けできるといいと思います。

V字キャストの一つのメリットがあります。それはブッシュが被っているポイントに投げる時です。U字だとどうしてもループが丸くなっているのでブッシュに当たる危険性があるのです。サイド気味に投げても不利な条件は残ります。尖ったループで投げたいものですね。

長々と理屈を言いましたが僕も完全にマスターできてる訳ではありません。間違っているところがあるかもしれません。もっと研究していきます。

RIMG0263.jpg

tag : U字カーブとV字カーブ フライ・フィッシング・スクール

とがったループの作り方と効用

以前の記事を再編集しました。

向かい風に向かってキャストすることが苦手な方がいらっしゃるでしょう。そんな時に効果的なのが「ループの先端をとがらせる」キャストです。通常は丸いループが理想ですが、風に向かって突っ込んでいく為には、先端の空気抵抗を減らしたいものです。鋭角な三角形になったループは空気抵抗も少なく、水面に真っ直ぐ向かっていけばフライまでターンオーバーして投げることができます。

まず、前提があります。バック・キャストを高く上げて、フォワード・キャストを下げてポイントに向けます。前後のラインの角度を考えるんですね。バック・キャストはほっといても伸びていきますし、フォワード・キャストのラインを下げると、風に抑えられる感じになって伸びていく訳です。フォワード・キャストのラインを水平方向へ向けると風に戻されます。

普通に投げて、きれいな丸いループが作れて上下のラインが真っ直ぐなら、先のとがったループを作ることはそう難しくないでしょう。この基本的なキャストから、ライン・スピードを上げていけばとがったループが作れます。

ではライン・スピードを上げるにはどうすればいいでしょうか。ロッド・ティップのスピードを上げればいいのですが、その為にはロッドのバット部(太いところ)を曲げるといいでしょう。比較的覚えやすいのが、シュートの時に親指(サム・オン・トップの握りの場合)でグリップを押し続ける投げ方です。

シュートの時に正しいホールをするのも大切です。

ライン・スピードを上げようとすると、つい力んでしまいループなどが乱れることがあります。一番よく現れるのが「テイリング」です。どれだけ早く振ってもロッド・ティップの通る軌跡は真っ直ぐにしたいものです。

ライン・スピードが上がると、向かい風とも相まってループの先端がとがってきます。あとは「馴れ」ですね。

さらにワンランク上を目指したい方は、フォワード・キャストが終わった直後にロッド・ティップを水面近くまで下げて下さい。伸びて行くラインが水面上を進んで、フライと同時に落ちます。水面に近いほど風の影響が少ないですからね。

もう一つ、サイド・キャストを使うのも有効です。水面近くで行います。

風を苦にせず、味方につけるくらいのつもりで臨みたいものです。

DSCF0444.jpg








tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール フライ・キャスティング

やはりキャスティング!

以前の記事を再編集しました。
スクールをやらせてもらって、あらためて感じたことは「キャスティング」が一番大事だということです。
DSCF8985.jpg

渓流、本流のライズの釣り、管理釣り場、スぺイなどにしても大切なことはたくさんあります。マスがいるところを覚える(ライズがあれば当然わかる)、正確に投げる、上手く流す、フライの選び方、アプローチ、合わせ、取り込み・・・

渓流ではポイントを覚える、きちっと投げて上手く流す。この二つが重要です。本流のライズの釣りではきちっと投げて上手く流す、フライを合わせる。この二つだと思います。

ポイントを覚えたり、フライを合わすことも時間がかかります。仮にこれらのことができたとしても正確に投げられず上手く流せなければコンスタントには釣れません。普通はこれらのことを同時進行で覚えていくことでしょう。

これから禁猟期間に入ります。キャスティング技術を磨くにはもってこいの季節です。友人の何人かは禁猟期間中にキャスティング練習を熱心にやった結果、渓流などで見違えるほど上手くなっていました。当然釣果もUPしました。

渓流を主にやっている方でもキャスティング練習は3番を使うより5番以上を使ってやるようにしたほうがいいと思います。勿論3番などでも問題ありません。

練習で目指すものは・・・
  ①安定したループ
  ②真っ直ぐ伸びて静かに落とす    この二つです。
①の安定したループを作るには前後に真っ直ぐ振る、加速とストップを覚える。テイリングをしていたら何としても直す。無理に狭いループを目指す必要はありません。
②は最も大切なものです。メディアではあまり強く言われない気がします。フライとリーダー、ティペット、ラインが水面近くで真っ直ぐになり、同時か、またはフライが先に静かに着水する。これを目指してほしいと思います。

ティペットなどに結び目ができる、テイリングする、何回振ってもラインが伸びていかない(フォルス・キャストが多い)、風が苦手、ラインが先に落ちてしまう、ドラグがすぐ掛かる、思っているところに落ちない、早い流れの向こう側が苦手、草や木がかぶさっているポイントが苦手、キャストしたあとに腕が伸びている、後ろでよく草などに引っ掛かる・・・これらをクリアするためにはキャスティングを磨くことが大切です。

最後に練習方法をひとつご紹介します。真っ直ぐ振るための方法です。(これは僕が自分で考えました。大安トラウトレイクにいた時です。去年SプロのHPを見たらやはり壁を使った方法を薦めてました。間違っていなかったのだと思います)
DSCF9052_20110924215826.jpg
壁に直角に立ち、腕を垂直に上げます。ヒジが壁に当たるように構えます。すると手と壁の隙間は数センチ空きますね?バック・キャストとフォワード・キャストの間にこれを維持します。ヒジが壁に当たっている強さを一定にするのが重要です。一定のテンションで振れたら真っ直ぐに振れている証拠です!手と壁の隙間の距離も一定にします。

DSCF9053.jpg
フォワード・キャストの終了(バック・キャストのスタート)。

DSCF9054.jpg
バック・キャストの終了(フォワード・キャストのスタート)。

これで真っ直ぐ振れるようになったら次は「加速」と「ストップ」です。

tag : フライ・キャスティング フライ・スクール

風を気にしないキャスティング

以前の記事を再編集しました。

風は・・・向かい風、追い風、左右からの風、舞う風、弱い風、強い風などがあります。普通右利きの方は右からの風が、左利きの方は左からの風が苦手な人がいると思います。また、向かい風が苦手な方がいらっしゃると思います。

①向かい風の対処・・・バック・キャストを高く上げ、フォワード・キャストを下げる。バック・キャストは後方高く上げるように投げますが、風でラインが伸びていきます。ラインが伸びればフォワード・キャストのループに力が生まれます。前方はポイントに向かって下げるように投げます。水平方向より上に投げるとラインが下から風を受ける形になってラインが押し戻されます。下向きに投げれば上から風に抑えられる効果もあって水面上で伸びていきます。

もう一つ、コツがあります。フォワード・キャストでロッドのバットを曲げるのです。こうするとループに、よりパワーが生まれ、ライン・スピードが上がります。ライン・スピードが上がるとループの先端がとがってきます。より風に強いループになるわけです。バットを曲げるにはグリップを押すようにします。テイリングになりやすいので気をつけて下さい。

もう一つ、サイド・キャストで水面近くで投げる方法もあります。

②追い風の対処・・・バック・キャストを下げてフォワード・キャストを上方向に投げる。①の逆ですね。バックを上げてしまうとラインが戻されてループが壊れてしまいます。フォワードは風で自然に伸びて水面に落ちます。

または、バック・キャストをサイドで水面近くを通し、フォワードを腕を立てて投げる「ベルージャン・キャスト」で投げてもいいでしょう。

もう一つ、ロング・ホール・ロール・キャストという方法もあります。

追い風の場合、カーブ・キャストやスラック・キャストが上手く出来ない場合があります。風によって伸びてしまうからです。
「ベルージャン・キャスト」を使って、フォワード・キャストをポイントに向けます。水面ギリギリを狙ってプレゼンテーションするわけです。水面から高くなるほどカーブやスラック・キャストがほどけてしまいます。


③左右からの風の対処・・・オフ・ショルダー・キャスト(逆サイド・キャスト)を使う。右利きの方を例に。右からの風はラインやフライがロッドに当たる危険性があります。右手を横にいっぱい伸ばしてサイドで投げる方を時々見かけますが、ループが上手くできないなど不具合があります。

オーバー・ヘッドの構えからヒジを外に少し出すとロッドが傾き、ロッド・ティップが反対側にきます。そのままキャストをすればラインは反対側を通ります。風が強ければラインはもっと体から離れて飛びます。少し練習すればマスターできますので是非やってみて下さい。
DSCF9041.jpg写真の構えは・・・グリップの手のひらを前方にひねったものです。こうやってもロッド・ティップは反対側にきます。

舞う風・・・これは困った風です。風が一瞬止んだ時に投げるか、水面付近を通して投げるかでしょう。

風・・・味方につけるくらいのつもりでいきましょう。

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール 風に対処するキャスティング

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴42年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード