固めて落とす(超スラック)キャスト

雑誌などで「固めて落とす、まとめて落とす」と表現されるスラック・キャスト。これを現場できちっとやっている方を僕はまだあまり見たことがありません。ちゃんとやっている方もおられるんでしょうが、是非見てみたいものです。勉強になりますからね。

この投げ方は非常に有効です!流速の差が激しいポイントなどで効果を発揮します。U字カーブではドラグを防ぎきれないポイントではこのキャストしかないと思えるほどです。(メンディングを駆使してドラグを防ぐ方法もありますが、なにやら忙しそうで僕には合いません)

まず、リーダー・システムから考えてみましょう。長いリーダー・ティペットが必要です。まとめて落としやすいのとフライがライン近くに落ちるのでなるべく遠ざける意味で。
次に投げ方です。ループの先端を先に水面に落とすつもりで。そうするとその先は伸びずに落ちますね。この投げ方で180度どの角度からでも投げれるようにするのです。真上から落とすとフライが、まとまった糸の上に落ちてしまいノットの原因になるので注意が必要です。その意味でもどちらかにループの面を傾けると良いでしょう。

上流に向かって右岸から攻める時はループを右に傾けて落とします。左岸からなら左ですね。

遠いポイントでもループをほどかずに落とせば可能です。また、バックを高くしてプレゼンすればよりやりやすくなるでしょう。

注意点・・・馴れない最初のうちは「バシャッ」と落ちてしまいポイントを荒らします。練習して馴れることが大事ですがコツがあります。まず落とす場所をマスのいない所にします。あまり離れてはだめですが・・・。次になるべくリーダーやティペットを長くしてループの先端がラインではなくリーダーやティペットになるようにすることです。
そうすればポイントを荒らすことも減るでしょう。静かに落ちますからね。

なにやら、書くとややこしそうですが是非、マスターしたいテクニックですね。

tag : フライ 渓流 フライ・キャスティング

風を気にしないキャスティング

以前にも書きましたが「風に対処するキャスティング」についてあらためて。

風は・・・向かい風、追い風、左右からの風、舞う風、弱い風、強い風などがあります。普通右利きの方は右からの風が、左利きの方は左からの風が苦手な人がいると思います。また、向かい風が苦手な方がいらっしゃると思います。

①向かい風の対処・・・バック・キャストを高く上げ、フォワード・キャストを下げる。バック・キャストは後方高く上げるように投げますが、風でラインが伸びていきます。ラインが伸びればフォワード・キャストのループに力が生まれます。前方はポイントに向かって下げるように投げます。水平方向より上に投げるとラインが下から風を受ける形になってラインが押し戻されます。下向きに投げれば上から風に抑えられる効果もあって水面上で伸びていきます。

もう一つ、コツがあります。フォワード・キャストでロッドのバットを曲げるのです。こうするとループに、よりパワーが生まれ、ライン・スピードが上がります。ライン・スピードが上がるとループの先端がとがってきます。より風に強いループになるわけです。バットを曲げるにはグリップを押すようにします。テイリングになりやすいので気をつけて下さい。

もう一つ、サイド・キャストで水面近くで投げる方法もあります。

②追い風の対処・・・バック・キャストを下げてフォワード・キャストを上方向に投げる。①の逆ですね。バックを上げてしまうとラインが戻されてループが壊れてしまいます。フォワードは風で自然に伸びて水面に落ちます。

または、バック・キャストをサイドで水面近くを通し、フォワードを腕を立てて投げる「ベルージャン・キャスト」で投げてもいいでしょう。

もう一つ、ロング・ホール・ロール・キャストという方法もあります。

③左右からの風の対処・・・オフ・ショルダー・キャスト(逆サイド・キャスト)を使う。右利きの方を例に。右からの風はラインやフライがロッドに当たる危険性があります。右手を横にいっぱい伸ばしてサイドで投げる方を時々見かけますが、ループが上手くできないなど不具合があります。

オーバー・ヘッドの構えからヒジを外に少し出すとロッドが傾き、ロッド・ティップが反対側にきます。そのままキャストをすればラインは反対側を通ります。風が強ければラインはもっと体から離れて飛びます。少し練習すればマスターできますので是非やってみて下さい。
DSCF9041.jpg写真の構えは・・・グリップの手のひらを前方にひねったものです。こうやってもロッド・ティップは反対側にきます。

舞う風・・・これは困った風です。風が一瞬止んだ時に投げるか、水面付近を通して投げるかでしょう。

風・・・味方につけるくらいのつもりでいきましょう。

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール 風に対処するキャスティング

オフショルダー・キャスト

オフショルダー・キャスト」、逆サイド・キャストとも言われます。今まで何度も書いてきましたが、これほど重要で重宝するキャスティング・テクニックをきちっとマスターできている方はあまり多くないようです。

メリット・・・利き手側から風が吹いている時に「簡単に」、「安全に」キャストできます。ロッドや体にフライなどが当たることがありません。サイド・キャストすれば良い、という見解もあるようですがオフショルダーの方がオススメです。慣れればフルラインも可能です。

渓流などで利き手側に障害物がある時にも有効です。立ち位置をわざわざ変える必要もありません。望むなら水平までライン角度を下げることも可能です。

今、多くの方が使っている「ロング・ストローク」スタイルの場合、オフショルダー・キャストがやりにくいのではないでしょうか?ストロークが長いのでオフショルダーにすると体を前後に動かす必要が出てくるからですね。
ストロークを短くすればやりやすくなります。ショート・ストロークに近くなるわけです。

オフショルダー・キャストはちょっとしたコツを覚えれば簡単にできます。是非マスターしてください。









tag : フライ・スクール フライ・キャスティング

やはりキャスティング!

「再掲載です」
スクールをやらせてもらって、あらためて感じたことは「キャスティング」が一番大事だということです。
DSCF8985.jpg

渓流にしても本流のライズの釣りにしても大切なことはたくさんあります。マスがいるところを覚える(ライズがあれば当然わかる)、正確に投げる、上手く流す、フライの選び方、アプローチ、合わせ、取り込み・・・

渓流ではポイントを覚える、きちっと投げて上手く流す。この二つが重要です。本流のライズの釣りではきちっと投げて上手く流す、フライを合わせる。この二つだと思います。

ポイントを覚えたり、フライを合わすことも時間がかかります。仮にこれらのことができたとしても正確に投げられず上手く流せなければコンスタントには釣れません。普通はこれらのことを同時進行で覚えていくことでしょう。

これから禁猟期間に入ります。キャスティング技術を磨くにはもってこいの季節です。友人の何人かは禁猟期間中にキャスティング練習を熱心にやった結果、渓流などで見違えるほど上手くなっていました。当然釣果もUPしました。

渓流を主にやっている方でもキャスティング練習は3番を使うより5番以上を使ってやるようにしたほうがいいと思います。勿論3番などでも問題ありません。

練習で目指すものは・・・
  ①安定したループ
  ②真っ直ぐ伸びて静かに落とす    この二つです。
①の安定したループを作るには前後に真っ直ぐ振る、加速とストップを覚える。テイリングをしていたら何としても直す。無理に狭いループを目指す必要はありません。
②は最も大切なものです。メディアではあまり強く言われない気がします。フライとリーダー、ティペット、ラインが水面近くで真っ直ぐになり、同時か、またはフライが先に静かに着水する。これを目指してほしいと思います。

ティペットなどに結び目ができる、テイリングする、何回振ってもラインが伸びていかない(フォルス・キャストが多い)、風が苦手、ラインが先に落ちてしまう、ドラグがすぐ掛かる、思っているところに落ちない、早い流れの向こう側が苦手、草や木がかぶさっているポイントが苦手、キャストしたあとに腕が伸びている、後ろでよく草などに引っ掛かる・・・これらをクリアするためにはキャスティングを磨くことが大切です。

最後に練習方法をひとつご紹介します。真っ直ぐ振るための方法です。(これは僕が自分で考えました。大安トラウトレイクにいた時です。去年SプロのHPを見たらやはり壁を使った方法を薦めてました。間違っていなかったのだと思います)
DSCF9052_20110924215826.jpg
壁に直角に立ち、腕を垂直に上げます。ヒジが壁に当たるように構えます。すると手と壁の隙間は数センチ空きますね?バック・キャストとフォワード・キャストの間にこれを維持します。ヒジが壁に当たっている強さを一定にするのが重要です。一定のテンションで振れたら真っ直ぐに振れている証拠です!手と壁の隙間の距離も一定にします。

DSCF9053.jpg
フォワード・キャストの終了(バック・キャストのスタート)。

DSCF9054.jpg
バック・キャストの終了(フォワード・キャストのスタート)。

これで真っ直ぐ振れるようになったら次は「加速」と「ストップ」です。

tag : フライ・キャスティング フライ・スクール

カーブ・キャスト

カーブ・キャストの投げ方です。いくつか方法がありますがその一つ。

フォワードのスタートから3分の2までループを引っ張ってきます。最後のところで「リスト」を返さずに抜きます。この動画では前方上方向にリストを抜いています。

他の方法は「最後に手を内側に入れる」、「最後に腕を下げる」などの方法があります。いずれも曲がったロッド・ティップを返さないことがキモになります。

慣れるまでには練習が必要です。カーブ・キャストをマスターしたらスラック・キャストと組み合わせます。強力な武器となります。是非とも自分のものにして下さい。



tag : フライ・スクール カーブ・キャスト

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード