FC2ブログ

員弁川の春のフライの一例

IMG_0123_20200127155853b47.jpg

「ストーン・フライの一例」・・・下がフローティング・ニンフです。ボディーにフロータントを塗って使います。上の二つはアダルト系。
小さく動かしても良いでしょう。

「オオマダラやエルモン、マダラ・カゲロウなどのスペント・タイプのフライです」
IMG_0124.jpg
「ウイングを取り付けた状態。斜め後ろにウイングを向けます」

IMG_0125.jpg
「ソフト・セメントでウイングを柔らかく固めます」

IMG_0126.jpg
「ウイングが乾いたら、柔らかいハックルを少し後ろ向きに巻きます。ウイングにフロータントを塗って使います。
意外と見えますよ。そして効果の高いパターンです」

tag : 員弁川 クロカワゲラ

マッチ・ザ・ハッチのフライの一部

IMG_0158.jpg

左の2列はエルモン・ヒラタ系のフライ。中央から右はマエグロ・ヒメフタオカゲロウ、マダラ・カゲロウなどのパターンです。

tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流フライ・スクール

オオマダラ、エルモンのフライ

オオマダラ・カゲロウ類とエルモンの僕のパターンです。
員弁川で4月から5月にかけて使います。
スペント状態のものが一番出やすいと思っていますので、昔から使っています。ウイングだけに少しフロータントを塗ります。意外と見えますよ。ダンが水面付近でバタバタしたり、ウイングを広げて流されたり、羽化に失敗した時などを想定しています。エルモンは水中羽化ですが、水面での各状態をイメージしています。フロータントを塗らず流すこともあります。

「オオマダラ・カゲロウ類のパターン」
RIMG0067.jpg
RIMG0065.jpgフック・サイズ:10番  シャック&ウイング:パラポスト・ウイング(ダーク・グレー)  ボディー:ヘアーズ・イヤー・ダビング(写真の色に混ぜる)  ソラックス:ブラウン  ハックル:グレーの鳥の羽
RIMG0068.jpg


「エルモン・ヒラタカゲロウ・イマージャー(スペント)」
RIMG0070.jpg
RIMG0071.jpg
フック:10~12番  テール:ライト・グレー・ハックル・ファイバー  ボディー:ヘアーズ・イヤー・ダビング(イエロー・グリーンかクリーム)  ソラックス:タン  ウイング:ラムズ・ウール(ライト・タン)  ハックル:ライト・グレーの鳥の羽

●ウイングを柔らかく固めたら、一旦スレッドを仮止めしてバイスから外します。ウイングが乾いたらハックルを巻きます。そうしたほうがハックルがウイングに引っ付きません。
●昨日48センチを釣ったのもこのエルモンのパターンでした。エルモンは主に夕方出ますが、これからも期待できます。

tag : フライ・フィッシング・スクール 員弁川

オリジナル・カディス

以前から使っていましたが、最近はパラシュートの出番が多く、時々使う程度でした。しかし、今年になってまた、主役に戻ってきました。
何と言っても「すぐ沈まない、回復力が良い」が取り柄です。また、パラシュートと違って「ライト・パターン」が割りと小さいことも利点でしょう。

ウイング・・・パラポスト・ウイング(グレー、ダーク・グレーなど)
インジケーター・・・ピンクのエアロドライウイング
ボディー・・・いろいろ(ダビング材、ピーコックなど)
ボディー・ハックル・・・巻いたり、巻かなかったり
フロント・ハックル・・・写真のようにタテに巻いたり、パラシュート・スタイルに巻くこともある。タテに巻いた時は下側を水平にカットすることもある。

ボディーやハックルの色を変えて、フライのカラー変化を期待します。
大きなフライの場合は(12番以上)ボディー・ハックルを巻きます。
エルクヘア・カディスのようにボディー・ハックルだけにする場合もあります。
ウイングのパラポスト・ウイングは横に広がるように巻きます。その上の中央にピンクのエアロドライウイングを乗せます。

蛇足ですが「インジケーター」はピンクが一番いいと思います。見やすい場合が多いです。

DSCF0514.jpg

tag : フライ・スクール フライ

羽アリ・フライ

初夏以降、羽アリが時々、大量発生してライズを誘発します。プールなどで突然ライズがたくさん発生し、虫が小さいのでよく見ないとわからない時があります。知識として知っていれば対応できる場合があります。

経験したことを書きます。どちらも広いプールでした。別々の川、年も違います。夕方に近い時間でした。ライズがたくさんあるのに、それまで使っていた14番位のフライが突然反応しなくなり、おかしいなと思い、水面をよく見ると羽アリがいっぱい流れています。あるプールでは黒い羽アリ、別のプールではジンジャーの羽アリが。そこでサイズを合わし、色も近いものを使うと・・・後はご想像の通りです。

20番前後のサイズ、黒、茶色などの羽アリ・タイプのフライをボックスに入れておきましょう。

この羽アリ、「分ポウ」といって巣分かれの時、大量に飛び立ちます。それが水面に落ちたりするのでしょう。

ちなみに「アリ」についてはreleasewindknotさんが詳しいと思いますよ。

tag : 渓流

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴42年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード