常用パターンです

パラシュートやカディス・タイプなど僕が渓流で常用するフライのタイイングです。写真が下手くそなのはご愛嬌でお許し下さい。

①・・・ボディー材のファーを巻きます。

②・・・パラポスト・ウイングのライト・グレーをシャンクの中央より前寄りに止めます。
DSCF9002.jpg

③・・・エアロ・ドライ・ウイング・ピンクをその上に止めます。
DSCF9003.jpg

④・・・両方をカットします。
DSCF9004.jpg

⑤・・・ハックルを巻きます。

⑥・・・ハックルの下側をカットします。
DSCF9008.jpg

DSCF9012.jpg
完成です。水切れがいいのとハックルの下側をカットしているので安定します。このパターンの色違いとサイズ違いを用意しています。

フタバコカゲロウやミドリカワゲラなどのイブニング用フライです。(6月から使用します)6月は日中に必要になります。7月頃から秋までイブニングで主に出番があります。
①・・・黄色やクリームのボディーを巻いてからパラポストとエアロ・ドライ・ウイングを止めます。
DSCF9030_20110903152215.jpg
②・・・ライト・ダンのハックルを巻いて下側をカットして完成。
DSCF9031.jpg
上から見たところ。
DSCF9032.jpg

ボディー・ハックルを巻いたパターン。各サイズとカラーを用意しておきます。

①・・・ハックルを止めてからボディーを巻く。ハックルの大きさはフック・ゲイプよりあまり大きくないほうがいいでしょう。
DSCF9024.jpg

②・・・ハックルを巻く。蜜に巻くと良い。
DSCF9025.jpg

③・・・パラポスト・ウイングを止める。
DSCF9026.jpg

④・・・ピンクのエアロ・ドライ・ウイングを止める。
DSCF9027.jpg

⑤・・・ウイングをカットして完成。
DSCF9028.jpg

パラシュート。ごく普通のパターンです。一番良く使うフライです。

①・・・ウイングを止めます。ずれないように8の字にスレッドを掛けます。接着剤を使う人もいますね。ハックルを巻くスペースを確保する為に数ミリ巻き上げます。
DSCF9015.jpg

②・・・ハックルをウイングに取り付けます。ウイングのハックル巻きしろの上側までしっかり止めます。ハックルの長さはフックのボディーの長さと同じが目安です。
DSCF9016.jpg

③・・・テール用ハックルを止めます。なるべくバラケないように止めます。
DSCF9018.jpg

④・・・ボディーを巻いてからハックルを巻きます。ハックルを巻き始める時、ハックルの軸を水平に曲げます。こうすればハックルがバラケません。上から下へ重ならないように巻き降ろします。
DSCF9019.jpg

⑤・・・ウイングをカットして完成です。
DSCF9022.jpg

tag : フライ・スクール フライ 渓流

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード