FC2ブログ

フライから落とす。

キャストして水面にフライから落とすことが基本です。ラインやリーダー、ティペットと同時に落としてもOKです。

いつもラインが先に水面に落ちるのは避けなければなりません。メリットが少ないばかりかデメリットがあるからです。風の影響を受ける、正確な位置に落とせない、距離が出ない、ソフトに落とせない、ドラグが掛かる(流れがある場合)、固まって落ちた糸がマスに警戒心を与える、ウエットなどの場合にフライが上手く沈まない、シンキング・ラインの場合沈み方が悪くなる、ラインを真っ直ぐにするためにたぐらなければならない・・・

遠くへ飛べばいいってものではありません。自戒も込めて言いますが上手な方はいつもきれいにターンオーバーさせて静かに水面にフライを置いています。

飛んで行くラインを見て、ループの確認をしながら「フライから先に水面に落ちているか?」を見てみましょう!もしフライが先に水面に落ちていなかったら、キャストの練習をしましょう。将来たくさんのさかなが釣れるようになりますよ!

tag : フライ・スクール フライ・キャスティング

距離の測り方(1投目を正確にするために)

1投目にポイントにちゃんと入らないという方が以外と多いのではないでしょうか?スクールなどでも感じます。
原因はいくつかあります。●1投目が無造作 ●ループなどが安定しない ●風の計算をしていない ●距離を正確につかめていない・・・

そこで今回は「距離を正確につかむ方法」をご紹介します。

ポイントの手前か、横へ「試しに」キャストします。ポイントに影響がない場所で、ポイントからあまり離れない場所です。
次にポイントまでの不足分かオーバー分の長さを調節し、そのラインの長さを覚えるために、ラインを握ります。
次にラインを握ったまま「ファイナル・キャスト」します。
これで正確性はアップします。ただし、条件があります。どのキャストも同じループ、同じプレゼンテーションができることです。毎回違っていては距離が狂うからです。
また、カーブやスラック・キャストをする時も同様です。毎回同じキャストが大事です。

テスト・キャスト後のピック・アップも気をつけます。乱暴にしては元も子もなくします。いつもですが静かに行いましょう。

この「テスト・キャスト」、ブッシュ際や、木の下などのポイントを狙う時にも重宝します。フライが引っ掛かったら困る(取りに行けない、ポイントを荒らすなど)ポイントならなおさらですね。

馴れてくれば「テスト・キャスト」も徐々に不要になります。キャスティングが上達すれば1投目に正確に入るようになります。
バスプロが遠くの岩盤ギリギリやアシ際スレスレに1投目に鮮やかに入れられるのも、長年の経験や練習、意識付けのたまものです。練習しましょう!そして「意識する」ことが大切です。

tag : フライ・スクール プレゼンテーション

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴42年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード