ブッシュの下への攻め方

006.jpg

今まで同行した方を見ているとブッシュの下を狙う場合、躊躇する人が多くみえます。
その原因はやはりフライが引っ掛かるのを嫌がることでしょう。また、正確に投げる自信が少ない(と思っている)のかもしれません。

でも、ブッシュや枝の下はマスが(それも時に大物が)いる可能性がすごく高いのです。躊躇する人が多いということはそれだけ攻められていない確率が高いし、そういった場所はマスが好む傾向が高いからです。

ではどうすると良いでしょうか。まず、そういったポイントを攻めることを怖がらないことです。じゃないといつまでたっても腕が上がりません。最悪、引っ掛かっても取りに行けばいいのです(渡れない所は仕方がないですが)。

次に、前の記事にも書きましたがループを大きくせず、せまいループ、先の尖ったループでサイド気味に投げることです。こういったループを投げられるようにしておくことも大事ですね。

そして、サイド気味に投げる時、ラインを水平にし、テイリングをしないで投げます。アンダー・ループで投げる時もあります。

又、テスト・キャストを使うこともあります。まず、狙うポイントの近くでマスに影響のない場所へ一度投げてみます。距離がわかったらその長さのラインを手に持ち、ファイナル・キャストします。こうすれば引っ掛かることが減るでしょう。

勿論、どの角度から狙うか、どの位近づくかなどを検討するのも大切ですね。

ブッシュの際といっても数センチの差で出たり、出なかったりしますので気を付けましょう。出た時は”してやったり!”と嬉しいものです。

僕も最初はビビってましたが今は平気です。要は馴れですね。

tag : 渓流 フライ・キャスティング

早い瀬の向こう側の攻め方

DSCN0237a.jpg

以前にも少し触れましたが、早い、強い流れのすぐ向こう側を攻める場合、結構ドラグがすぐ掛かってしまい、難しいものです。
ポイントに近づけるなら、割とやりやすいのですが、離れて狙う場合は本当に難しいですね。

瀬のすぐ向こうが深くて対岸に岩があって、緩い所の幅が50センチぐらいだと大物がいる可能性も高く、上手く攻めたいものです。

ではどうするか?近づけない場合ですね。リーダーやティペットを固めて落とす!これに尽きます。上流側にライン、リーダー、ティペットを曲げても良いでしょう。でも固めて落とす方がドラグが掛かりにくいでしょう。

流れに対して何処から狙うか、距離はどうかも考えます。また、固めて落とした後、メンディングを追加するかどうかも考えます。追加する場合は上流へのメンディングやリフト・メンディング、ロール・メンディングをを使います。フライが動いちゃダメですよ。

また、開けた瀬の向こう側を狙う時はカーブ&スラック・キャストがベストでしょう。強い瀬の際は良型がついてるものです。最低でも70センチ以上は流したいものです。

こういったポイントは以外と攻めにくく誰もがきちんと攻められる訳ではありません。逆に言えば良型が残っているものです。練習してスキルアップしましょう!





tag : 渓流 フライ・キャスティング スラック・キャスト カーブ・キャスト

距離の測り方(1投目を正確にするために)

1投目にポイントにちゃんと入らないという方が以外と多いのではないでしょうか?スクールなどでも感じます。
原因はいくつかあります。●1投目が無造作 ●ループなどが安定しない ●風の計算をしていない ●距離を正確につかめていない・・・

そこで今回は「距離を正確につかむ方法」をご紹介します。

ポイントの手前か、横へ「試しに」キャストします。ポイントに影響がない場所で、ポイントからあまり離れない場所です。
次にポイントまでの不足分かオーバー分の長さを調節し、そのラインの長さを覚えるために、ラインを握ります。
次にラインを握ったまま「ファイナル・キャスト」します。
これで正確性はアップします。ただし、条件があります。どのキャストも同じループ、同じプレゼンテーションができることです。毎回違っていては距離が狂うからです。
また、カーブやスラック・キャストをする時も同様です。毎回同じキャストが大事です。

テスト・キャスト後のピック・アップも気をつけます。乱暴にしては元も子もなくします。いつもですが静かに行いましょう。

この「テスト・キャスト」、ブッシュ際や、木の下などのポイントを狙う時にも重宝します。フライが引っ掛かったら困る(取りに行けない、ポイントを荒らすなど)ポイントならなおさらですね。

馴れてくれば「テスト・キャスト」も徐々に不要になります。キャスティングが上達すれば1投目に正確に入るようになります。
バスプロが遠くの岩盤ギリギリやアシ際スレスレに1投目に鮮やかに入れられるのも、長年の経験や練習、意識付けのたまものです。練習しましょう!そして「意識する」ことが大切です。

tag : フライ・スクール プレゼンテーション

スラック・キャストをおぼえよう!

スラック・キャスト。みなさんはどう思っていますか?どんなのがスラック・キャストでしょうか?

スラック・・・クネクネしたライン、シワの入ったティペット、リーダー。こんなところでしょうか?

昔はラインを水面にS字状に落とすのを「スラック・キャスト」と呼んでいました。今も通用する用語でしょう。また、ターンオーバー時にロッドを引いて落とすのもそう呼んでいます。他にも色々方法があります。

僕が今、渓流でやっているスラック・キャストは有名プロの方々の方法を参考にして作り上げてきたものです。それは里見さん言うところの「固めて落とす」です

リーダーやティペットだけをクシャクシャと落とします。少し馴れが必要です。短いリーダー・システムでは少々困難です(フライの近くにラインがきますので)。

この投げ方をカーブと組み合わせたり、左右どの角度からも投げられるようにします。

大まかに言うと「ループの先端がリーダーやティペットになっている時に落とす」になります。ループの先端から落とすのがポイントです。
そのためには「バック・キャストを高く」します。そうすると水面に向かう角度がつくので、ループから落としやすくなります。ループの先端が水面に落ちると、その先の糸はもうターン・オーバーする力がなくなるので、その場に固まって落ちるのです。

ラインの角度をいろいろ変えれば、カーブと組み合わせたりできるので、どんなポイントでもドラグを減らせます。またドラグが掛かるのを遅らせられます。

このキャストが最も生きるのが強い流れのすぐ向こう側を狙う時です。カーブでは難儀する時でもこのキャストではそう難しくありません。ロールメンディングなどと組み合わせれば強力です。

フライが長く、ゆっくりドラグが掛からず浮いているのを実現できます!それはもう、今にもマスが出てきそうです。

tag : 渓流スラック・キャスト フライ・スクール

フライから落とす。

キャストして水面にフライから落とすことが基本です。ラインやリーダー、ティペットと同時に落としてもOKです。

いつもラインが先に水面に落ちるのは避けなければなりません。メリットが少ないばかりかデメリットがあるからです。風の影響を受ける、正確な位置に落とせない、距離が出ない、ソフトに落とせない、ドラグが掛かる(流れがある場合)、固まって落ちた糸がマスに警戒心を与える、ウエットなどの場合にフライが上手く沈まない、シンキング・ラインの場合沈み方が悪くなる、ラインを真っ直ぐにするためにたぐらなければならない・・・

遠くへ飛べばいいってものではありません。自戒も込めて言いますが上手な方はいつもきれいにターンオーバーさせて静かに水面にフライを置いています。

飛んで行くラインを見て、ループの確認をしながら「フライから先に水面に落ちているか?」を見てみましょう!もしフライが先に水面に落ちていなかったら、キャストの練習をしましょう。将来たくさんのさかなが釣れるようになりますよ!

tag : フライ・スクール フライ・キャスティング

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード