FC2ブログ

4/26 久しぶりの根尾川・・・ハプニングが。

山菜を採りに行こうと根尾に向かいます。
揖斐川から根尾川に入り、川を見ながら北上します。
増水してますがきれいな水です。

DSCF0376.jpg


良く通ったポイントが続けて目に入ってきます。今日は釣り人は見えません。
数日前に友人が銀ピカの良型を3匹釣った場所はどこかなあ?と思いながら走っていきます。

薄墨桜まで来ました。木の芽は開いているので、もっと奥へ行かないといけません。
東谷へ入ります。
上大須で折越林道に入ります。

ゆっくり周りを見ながら走ってきて、大分中へ来た時、林道端に1台の車が止まっています。
近づくと男性の方が僕を呼び止めます。
「どうしたんですか?」
「パンクしたんです。携帯持っていませんか?」

JAFメンバーだったので電話します。
しかし、途切れ途切れで上手くいきません。
電波の届く所まで彼と一緒に降ります。

場所や車種、会員番号などを僕が話します。
彼は大病をした為、自分では電話ができないそうなのです。

JAFさんが来るのは3時間後とわかりました。
さて、どうするか?
話をしていると、彼も山菜に興味があるとのこと。今日もこちらへ「ぶらーっと」来たそうです。
「迷惑じゃなければ一緒に探しませんか?時間もつぶれるし」

折越林道を奥へ行きます。
僕が探しているのは・・・コシアブラやハリギリです。
コシアブラがあちこちにあります。
彼は体が少し不自由なので主に僕が採ります。

ハリギリがありました。大きな木なので届く芽を少し頂きます。
彼が「それ何?」
「ハリギリです。天ぷらにすると旨いですよ」

タラの芽、一種のキノコなどを採っていると2時前になりました。
まだ時間が早いですが待ち合わせ場所まで下ります。

採った物は二人で分けます。
彼はずーっと「申し訳ない、僕のために貴重な1日を潰してしまった。本当に申し訳ない」と言います。
しかし,これは「お互い様」です。

しばらくしてから電話がきます。
「係員が車を見つけました」
「じゃあ、僕らも車へ戻ればいいんですね?」
「はい。お願いいたします」

本当は待ち合わせ場所へ来てもらうことになっていたはずです。
半ばおかしいなあと思いながら彼の車に戻ると・・・誰もいません。

ほどなく黒い乗用車が来ます。
さっき、待ち合わせ場所に来た車でした。
彼も「行き違いになって申し訳ない」

肝心の作業は非常にスムース。無事に終了しました。
「ゆっくり帰ってね」とここでお別れ。

その後は根尾のいくつかの支流を回ります。
イワナも見たり、「コゴミ」をもらったりして帰路に着きました。














tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流フライ・スクール

根尾川の活動から身を引きます。

毎年根尾川で「水生昆虫観察」や「ゴミ拾い」を皆さんの協力のもと行ってきましたが来年度は僕が代表を辞退させて頂くことにしました。従って会の活動も「休止」させて頂きます。

協力してもらっている方には事務局から案内が行くと思います。

僕が活動を辞退する訳は「諸般の事情」ということにしておきます。メンバーの方には心の内を説明させて頂いています。

根尾川の活動も15年ほど経ちました。この間多くの方にお世話になりました。お礼の言葉もありません。感謝しています。僕のわがままで会の活動が休止になりましたこと、お詫びします。

20年の根尾川よもやま話

根尾川に通って約20年、思いつくままに書きます。

最初の印象は強烈でした。友人から根尾でデカイアマゴが釣れるよと聞き5月に海老へ。真昼間のプ-
ルの遠いところでライズしているアマゴをまぐれで釣っちゃいました。(本当にマグレ)
それが何と尺オ-バ-!ヒレピンのハバビロ。(当時成魚放流はなし)・・・ハマル訳でしょ!

その後あちこちポイントを捜し釣る訳ですがどこでもいました。当時のフライはコンパラダン、スパ-クル・ダンが主でした。CDCがない時代です。2月は小さなユスリカやクロカワゲラやコカゲですがユスリカ・パタ-ンは懐かしグリフィス・ナットなど、クロカワはN氏から教えてもらい目をひらかれました。杉坂氏からもご教授頂きました。その後ず-っとクロカワが出ればこっちのものでした。

DSCF7902.jpg

DSCF8786.jpg

DSCF8058.jpg

20090823テニスコート2

40センチのアマゴを釣ったのもこの頃です。確か4月だったと記憶しています。夕方にクリ-ムのコンパラダンで尺アマゴを狙うのが興奮ものでした。
DSCF7964.jpg

杉坂ご兄弟には特に本流のマッチ・ザ・ハッチの釣りについていろいろ教えて頂きました。特にスペントの重要性は新鮮でした。

川の風景は随分変わりましたよ。でもポテンシャルは今も変わりませんね。

虫の多さ、種類の多さもです。
虫の名前や生態、ハッチの仕方、ライズの見分け方、など日記をつけ続け勉強しました。
当時見られて今見なくなった虫はオオフタオカゲロウです。モンカゲも減りました。マダラ類も減りましたね。
笑い話ですが・・・ナミヒラタをマエグロと思っていました(笑)

ポイントの名前の由来・・・上流から「魚初」・横にその名前の料理屋さんがある。「テトラのプ-ル」・バンク・プ-ル上のポイント。左岸にテトラがあるから。「バンク」・テニス・コ-トの堰堤上のプ-ルのこと。土手があるから。「テニス・コ-ト(カリモク)」・左岸にカリモク工場、右岸にテニス・コ-ト。「並木」・テニス・コ-ト下の右岸の長い瀬。右岸に並木のような木が並んでいるから。「藪川道場」・最近ついた名前、誰が修行しているのか?藪川堰堤上の右岸の流れ。「火事場」・藪川プ-ル下の右岸のプ-ルのこと。昔土手で火事があり居合わせたFマンから広まった。「海老」・少し前まで海老鉄橋があった。・・・大した工夫はないですね。


アマゴの成長ぐあいを1週間きざみに調べたこともありました。ひと月に6センチ(!)も伸びましたよ。
最近は成長が遅い気がします。

今、お友達になっている方の多くが根尾で知り合いました。彼らから多くを学びました。

当時はフライでは「そんなもんで釣れるか!」と笑われました。「今に見ておれ」・・・
釣ったマスを逃がそうとすると「おれにくれ!」とか、フライなら「あっちではねとったぞ」などと嫌われ(?)肩身の狭い思いをしたことも・・・

キリがないのでこの辺で・・・またいつか。






tag : フライ ライズ

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴42年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード