FC2ブログ

メンディングについて

メンディング。渓流を始めた方はこのテクニックをいつもやらなければならないと思い、せっかくスラックが入ってるのにメンディングをした為にかえってドラグが掛かってしまう現象を何度も見てきました。

メンディングは必要ならやらなければなりません.

しかしメンディングしたときの形に最初から置けばいい時もあります。。また、スラックを掛けられればそれで済んでしまう場合もあります。

要はケース・バイ・ケースで置き方を考えていけば良いでしょう。メンディングしか対処方がなければ使えばいいと思います。

僕の場合はスラックを優先し、せわしないメンディングはあまり使いません。よく使うのはロール・メンディングです。アップ・メンディングも時々使います。

メンディングの種類は・・・アップ・メンディング、ロール・メンディング、エアリアル・メンディング、上流へラインやリーダーやティペットまでも置きなおすメンディング、反対に下流側へのメンディングなどがあります。

メンディングをする時の前提があります。それはリーダーやティペットに充分スラックが入っていることです。(いつもこうとは限らないですけどね)でないと最初に書いたような無駄が起こります。
充分スラックが入っているということはそれだけで済んでしまうポイントもあるということです。そうじゃない時だけメンディングを入れればいいのではないでしょうか?

メンディングをするのを見ているとタイミングが遅い方が多いですね。遅れるとラインなどが水流に巻かれてちゃんとしたメンディングになりません。また、繰り返しになりますがスラックが入ってないのにメンディングをした為にフライが動いてしまう方がいます。

ラインの手入れも重要ですね。良く浮くラインならメンディングもしやすいでしょう。

メンディングも大事なテクニックです。渓流を楽しもうと思えば避けて通れない技術でしょう。他の技術とも合わせ、マスターして状況に応じて使い分け出来るといいですね。

tag : 渓流 フライ・スクール

ロール・メンディングなどのやり方

「再掲載です」

動画を始めてから、多く見てもらっている一つに「ロール・メンディング」があります。
そこであらためて説明します。

狙っているのは真ん中の流れの向こう側のポイント。割と広いエリアで深さもあり、対岸側は逆に流れています。しかも手前にさえぎるものがなく、近づけません。

下流側の手前から打っていきます。岩にぶつかる流れです。次にその向こう、最後に奥の岩の際を狙います。

ロール・メンディングのキモは三つ


①キャストする前に手にラインをあまらせて持ってること。メンディングをする時にロッドを上げてくると出ているラインが自分側へ戻ってくるので、せっかく作ったスラックが減ってしまいます。そうならないためにロッドを上げてくる時はラインをロッドの中をすべらすようにして出します。ラインをあまらせて持ってないとこれができません。

②キャストした時にたくさんの「スラック(タルミ)」を作ること。これができてないと、次のメンディングをした時にフライが動いたり、スラックが減ってしまってドラグが早く掛かったりします。まず、スラック・キャストをマスターしましょう。

③次にメンディングをするのですが、何故メンディングをするのかを理解します。手前の早い流れにラインなどを置きたくないからです。置くのはその向こうの緩い流れ、しかも上流側です。メンディングするタイミングは早いほうが良いです。

必要なら数回メンディングします。その時に必要ならラインをリールから引き出しておきます。メンディングはロッドを立ててから行います。望む形、望む場所に落ちるように練習しましょう。

文字にするとややこしいですがこれだけのことをやっているわけです。

この動画では「カーブ&スラック・キャスト」と「ロール・メンディング」を使っています。それぞれのキャストのフォームを見て頂いて参考にして下さい。

スラックもメンディングも適度の量や形を心掛けます。多すぎたり、大きすぎると合わせに支障が出ます。少なすぎるとドラグが早く掛かります。練習して精度を上げましょう。


このポイントを攻める他の方法はないでしょうか?対岸に回る、上流へ回ってから狙う、背を低くしてもう少し近づく、などが考えられます。中でも上流からダウンで狙うという方法はいいでしょう。距離が近くなるからです。
また、中央の流れがもっと強ければ、より近づくことができます。

一度、後方を確認しています。投げる角度が変わると後方の木などに引っ掛かる危険性があるからです。こういったことも自然にできるといいですね。

tag : フライ・スクール ロール・メンディング スラック・キャスト カーブ・キャスト

渓流でのメンディング

僕が渓流で使うメンディングは・・・「ロール・メンディング」、「縦メンディング」、「ラインの曲げたい部分を曲げるメンディング」などです。
普段はメンディングはあまりしません。カーブやスラック・キャストで落とすのでそのままポイントを流し切ります。ほとんどこれで済ませます。必要だなと思った時だけ上記のメンディングをします。

「投げてからメンディングで曲げる」なら、最初からその形で落とせばいいでしょう。それが難しい時だけ後からメンディングを入れればいい訳です。
良く見かけるのが・・・投げた後に決まって「ちょんと」小さくメンディングする場合です。せっかく曲がって落ちているのにメンディングをしたがためにティペットなどが伸びてしまいます。勿体ないですね。
メンディングの目的を再考したいですね。ドラグを防ぐのが最大の目的です。

ロール・メンディング(ロール・キャスト・メンディング)」は結構多用します。早い流れの向こう側を流す時、早い流れの向こう側のマキ、ドラグが掛かりそうになる前にラインを置き換える、などです。

メンディングで注意したいのは、上にも少し出てきましたが「ティペットやリーダーのタルミが減る」ということです。ラインの自分側の部分を曲げる意識を持ちたいです。メンディングをしたためにティペットなどが伸びてしまうのは避けたいです。ただ、わざとフライなどを動かすメンディングもあります。

tag : フライ・フィッシング・スクール ロール・メンディング

メンディングは必要最低限に

メンディング。何回も書いていますがあらためて・・・

僕はメンディングをあまり多用しません。最初からリーダーやティペットを曲げているからです。それでも不充分な時だけメンディングを加えます。DSCF8155_20100831152845.jpg


メンディングの種類として・・・「上、下流へのメンディング」、「ロール・メンディング」、「アップ・メンディング」などがあります。僕が使うのは後者2つが主です。

ある映像でしょっちゅうロッドを上下させ、せわしなく(と言えるほど)動かしている方を見ました。リーダーが短いのが故の動作なのでしょうが大変そうでした。最初からリーダーやティペットに充分スラックが入っていればそこまでする必要がないわけです。

ロング・リーダーでなくてもキャスティング技術でドラグを回避することは可能だと思います。しかし、それなりに練習しないといけないと思います。ロング・リーダーをマスターするのとどっちがいいでしょうか?それは皆さんが判断するところだと思います。

メンディングをしたらフライが動いた!という経験をしたことがありませんか?フライが動くということはティペットが真っ直ぐになっているということです。そうなるとそこからドラグが掛かるし、マスが出てもフッキングしにくい訳です。フライを動かしてレーンを変える積極的なメンディングなら別ですが。

最初からメンディングした形に落とすというのも「手」ですね。

フライはいつも狙った所に落とす。そして必要充分なスラックを入れる(ドラグが掛からない)。この2つができればロング・リーダーでもショート・リーダーでも構わないと思います。

不必要なメンディングはしない。するなら完ぺきに・・・これが結論です。



tag : メンディング

不要なメンディングと必要なメンディング

今までも何度か書いていますが、あらためて・・・

ポイントに投げた直後にロッドを縦に(他にもあります)ちょんと動かす方が以外と多いですね
ドラグを防ごうとしているのだと思いますが、狙い通りにやれている方は少ないです。
多くの方の場合、フライが動いてしまうか、ほどなくドラグが掛かります。ロッドを動かした為に逆にリーダーやティペットのタルミが減ったのが原因です。

この場合、投げたあとそのまま流すほうがドラグの掛かりが少しは遅くなると思います。

メンディング」はしなければならないもの、と知らず知らずに思ってしまっている方もいるでしょう。

プレゼンテーション(フライを水面に投げること)の時にドラグが掛からないように落とせていれば、多くの場合メンディングは必要ありません。
ポイントや角度などによってどうしてもドラグが掛かりそうなら、その時だけメンディングを加えます。

僕の場合、1日でメンディングする頻度は多くありません。多くの場合、キャストしたそのままで流し切ります。ロッドを水平に持ち、たるんでくるラインをたぐっているだけです。
僕の場合、メンディングをする可能性の高いポイントは「対岸のマキ」、「強い流れのすぐ向こう」、「肩」、「石裏の緩いところ」などです。

よく使うメンディングは「ロール・メンディング」、たまに「アップ・メンディング」です。

ラインやリーダー、フライを置きなおすメンディングもあります。

まず、フライ、ティペット、リーダー、ラインが真っ直ぐ、同時に水面に落ちるようなキャストを覚えましょう。
ラインが先に水面に落ちるのではなく、フライやティペットが先に落ちるようにします。これができるようになってから、カーブやスラック・キャストを練習しましょう。

カーブやスラックで落とせればドラグはだいぶ防げます。また、立つ位置や、狙う角度を考えたり、リーチ・キャストなどを組み合わせてもドラグを防ぐことができます。

ポイントをよく見て、立つ位置や角度、距離を検討し、カーブやスラックは必要か、不要か。必要ならどのくらいか。メンディングは必要か、必要ならどんなメンディングか、を考えます。

メンディングは必要なら行う。不要ならやらない。ポイントを見る目を養い、アプローチを考え、必要なキャストを覚え、それを使いこなす。こういった意識を持つことが大切だと思います。

DSC_0368.jpg
「中央の大石の左からの流れを狙っています。下流の石の前にマスがいると思われるので、その1m上にフライを落として流していきます。その場合、1投目は流芯中央か、やや右側を流します。次に流芯の左側を流します。

次に大石の横にフライを落として、先程フライを落としたあたりまで流します。次に流芯の左側を狙います。
その後は大石の真下と右下を打ちます。

最後にもう少し進んでから、大石の左上の流れを、落ち込みから流します。

立っている位置がポイントの右側になるので、すべてのキャストがオフショルダーです。そして左カーブ&スラック・キャストを使います。








tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール メンディング

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード