6/22 Yさんのレッスン

彼が初めての渓流で行いました。天気は快晴、風が少し、爽やかな緑の中、お勉強して頂きました。
まず、キャスティングからレッスンします。
①・・・ラインが先に落ちて、フライが後から水面に落ちます。フォルス・キャストはきれいなのですが、シュート(プレゼンテーション)時に力の入れ方がズレて、なめらかな加速ができていないのが原因です。やり方を説明してしばらく練習してもらうと真っすぐ落ちるようになりました。
②・・・キャストの「面」が少し外側に膨らんでいます。グリップを見ると、ロッド・エンドが内側に入っています。腕の中心にロッドが来るようにキャストしてもらいます。するとラインが真っすぐ飛ぶようになりました。これも繰り返しの練習が必要です。
③・・・

理論を理解して、繰り返しの練習で体が覚えるまでやって下さいとお話しました。

RIMG0016_201806222145524c2.jpg

tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流フライ・スクール

6/9 Hさんの渓流レッスン

渓流では初めてのレッスンです。見てもらって気づいた点を教えて!ということでスタート。
まず最初に少し普段の釣りを拝見します。
2点ほど気づきました。
①・・・フライがフワーッと落ちます。狙った場所に正確に落ちにくいのでは?
②・・・同じスジを何度も流します。

①の対策・・・ティペットが長いので少し詰めます。考え方として、「真っすぐ伸びて落ちる」ことが前提です。それを曲げたりしていく訳です。詰めたら良くなりました。彼は「長いティペットだと伸びないのでいいと思っていた」とのことでした。
フライは「狙ったところ」へ落としたいですからね。
②について・・・1投目にきちっと流せていれば普通は1回でOK。怪しいと思ったら複数回流してもいいですね。

彼はキャリアもあり、キャスティングは見事で、ポイントも熟知しています。

「今日、お話ししたこと」
● 1投目の大切さ
● フライを落とす場所と流す距離
● ドラグをいかにして防ぐか?
● カーブ・キャストのやり方・・・理論を説明します。
● 肩の釣り方・・・デモをします。
● 強い流れの向こう側の釣り方・・・スラックやカーブ・キャスト+メンディング・・・理論と実際の釣り(ドラグが掛からないのを見てもらいます)。
● 水面が波立っているポイントを釣る時、フラットになる瞬間にフライを落とす
● 強い瀬を攻めてみる・・・アマゴ、ヤマメの良型が期待できる
● ループの先端を尖らせる投げ方・・・向かい風やブッシュの下を攻める時に役立つ
● 日中の続くライズへの考え方・・・流下をチェック、ライズ・フォームの確認、フライの選択・・・ライズが続く中、見事にキャッチ!
などなど。
  
RIMG0075.jpg
「ライズしていたアマゴをキャッチ」

RIMG0071_201806100036515d6.jpg
RIMG0068_20180610003651205.jpg
「お見事な釣り!」

RIMG0076.jpg
RIMG0072.jpg

RIMG0077.jpg
「僕がイブニングに釣ったアマゴ」

今日は日中にライズが多くあり、反応も良かったです。アマゴ(ヤマメ)も良く出ました。
彼が2匹ほど尺クラスを出しましたがフッキングに至らず、悔しがっていました。

勢いのままイブニングもやります。6時過ぎに派手なライズが増えて、その後7時過ぎまで低調。7時20分頃から静かなライズが多くなります。二人でこれをキャッチして終了としました。

「大変面白かった!」と感想を頂きました。

tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流フライ・スクール

4/29 員弁川スクール。

Nさんをお迎えして行いました。
流れの釣りの経験が少ないとのことですので、基本的なことを中心に進めます。

タックル・システム、ポイントの説明、立ち位置とポイントまでの距離、フライを落とす場所と流す距離、ポイントを攻める順番、ライン処理、キャスティングなど。
キャスティングではラインが左に流れます。それの原因と対処法を説明しました。
ピックアップからフォルス・キャストに移る方法も説明します。
ライン・リトリーブの方法を説明しました。
ニンフなどで攻める時の「アタリの見方」を説明します。ラインにアタリが出るのでそのやり方をお話ししました。
ポイント移動の時のタックルの仕舞い方、出し方のやり方もお話ししました。
どこにマスがいるか?詳しくポイントの見方を説明します。

これらの事を徐々に覚えていかれれば、マスが釣れるのも近いでしょう。

Nさん、どうもありがとうございました。

tag : フライ・フィッシング・スクール 員弁川

4/5 員弁川スクール・ミーティング報告

お二人をお迎えして行いました。
水量は平水で濁りもありません。
朝、あるプールをやって頂くとアタリが連発します。お二人とも釣れます。昨日の放流マスが溜まっていました。放流場所より少し離れているので一晩の内に移動したようです。
どのマスもきれいです。元気ですし、大きくなればこれから楽しみですね。

RIMG0041.jpg

Tさんには「リーチ・キャスト」を詳しく説明します。すぐに慣れて頂きました。
お二人には・・・マスのいるスジや場所、フライの流し方、スイングの考え方、ロッドの角度、一歩ずつ下っていくことの意味。ラインの長さの考え方などを説明しました。

Tさんが瀬を攻めていると、ラインに明確なアタリが出ます。キャスティング、流し方のどれもが上手くいっての結果です。
大きなマスです。本人も満足の様子でした。

いくつかのポイントをご案内して実際にやって頂きながらレッスンを行いました。

Tさん、Fさん、いつもありがとうございます。

tag : フライ・フィッシング・スクール 員弁川

3/24 員弁川スクール・ミーティングの報告

お二人をお迎えしておこないました。
少し増水し、時々工事で濁る状況でした。
ドライとウエット(ニンフも)のお勉強が中心です。
①・・・どこにマスがいそうか?ポイントを細かくご説明。
②・・・キャスティングの説明:リーチ・キャスト、スペイ・キャストの応用、ウエットを沈めるためのキャスト、ナチュラル・ドリフトの方法、カーブ・キャスト、ピックアップのいくつかのやり方など。
③・・・立ち位置、距離、角度の説明。
④・・・ポイントの攻め方:フライを通す場所や順番、落とす場所、流す角度、1投目の大切さ、何歩づつ歩いて下るか?など。
⑤・・・ラインのホールド方法、ロッドの角度、リールから常にラインを余らせていることなど。
⑥・・・虫のお話。
などなど。

僕のデモを映像に撮ったりしてとても熱心にご勉強されました。質問も色々と出ます。
元々お上手なのですが、後半には釣りがとてもスムースになられました。嬉しいことですね!

Yさん、Kさん、ありがとうございました。

tag : フライ・フィッシング・スクール 員弁川

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード