僕の渓流フライのスタイル/考え方

人それぞれスタイルや考え方というものがあります。僕の場合の渓流フライのスタイルと考え方は・・・

まず、楽しむこと。釣れても釣れなくても楽しく釣りをする。先行者があるとか、釣り人が多いとか関係ありません。みんな釣りに来てるので、お互い「シェア」する気持ちで臨みます。同行する人が複数でも、公平に、順序よく釣りをします。自分の番がきたら真剣に楽しく釣りをします。
いつも自分なりに考えて釣りをする。反応はどうか?どこにいるか?上手く流せているか?あせっていないか?楽しんでいるか?などなど常に考えます。少しでも上手くなりたい、納得できる釣りをしたいと思っています。
単独釣行よりも誰かと行きたい。楽しいし、勉強になります。一人のほうが釣果も増えるだろうし、釣りの時間も多いわけですが、それを上回る楽しさが誰かと行く時にはあります。
ロング・ティペット・リーダー・スタイル。約17~20フィートの長さで釣りをします。狙いは「ドラグ・フリー」。ショート・リーダーでドラグ・フリーというのも魅力ですが、今はまだロング・リーダーでの挑戦中です。まだまだ未熟で改善点が多くあるからです。
ドライ・フライが中心。たまにはウエットもしますがほとんどドライ・フライです。以前はニンフ、ソフト・ハックル、ウエットもやりましたがここ20年ほどはドライ・フライが中心です。
ナチュラル・ドリフトで釣りたい。ポイントを自然に流してマスを釣りたい。誘ったりすることはほとんどありません。ドラグを完全になくすことは至難のわざですがこれを目指したいと思っています。
ポイントから離れて釣りをする。ラインを出して、腕を上げずに、ロッドを水平にして、体も自然体で釣りをする。ラインを水面に置いて釣りをしたいのです。ポイントから離れると、精度が難しくなったり、ドラグが掛かりやすくなりますが、それをクリアできれば自分の理想の釣りに近づくと思うので。
フライを頻繁に変えない。渓流フライでは「フライの重要度が1番ではない」というのが僕の考えなので、よほどのことがない限りフライを頻繁に交換しません。結ぶフライは当然、その日の条件にあったものを選びますが、少々出が悪くてもドリフトなどが良くないとまず考えます。それでもダメな時は他の手を考えます。サイズを下げる、パターンや色を変える、少し沈めるなどです。しかし、そのようなことはあまり多くはありません。1日を3本ほどで過ごすことも珍しくありません。フライよりもアプローチ、落とす位置、流し方などが重要と考えるからです。
ティペットは太く。普通は5Xを使います。4Xを使うこともあります。マスはそれほどティペットを気にしていないこと、使うフライが大きいこと(通常12番前後)、ドリフトなどがきちっとやれていればそれほど問題がないこと、時には大物が掛かる場合があることなどが理由です。
ポイントをテンポよく打っていく。普通は1~2投すれば違うポイントに変えます。上手く打てれば、1投目でマスが出ると考えているからです。ここで言うポイントとは上の別のポイントのことではありません。一つの瀬やプールでも「スジやスポット」がいくつかあります。このスジやスポットを1~2投で攻めていくわけです。余談ですが、以前こんなことを言われたことがあります。「無造作に適当にポイントを打っていくんですね?」と。1~2投で違うところへ打っていくので、そんな印象を与えたのでしょう。僕にとっては1投ごとに狙ったポイントを打っていたのですが。その方も理由を説明したあとはわかって頂きました。
同じポイントに5回も6回も打つことはほとんどありません。大物がいそうなら、それより、少し休ませるなり、時間をおいてフライを変えるなりして攻めてみます。1投目が大事ということです。
釣果に固執しない。たくさん釣れれば誰でも嬉しいもの。僕も例外ではありません。しかし、釣果は結果。真剣に楽しく釣りをできればそれでいいと思います。釣れなかったら自分のせい。原因を考え、次回に生かします。釣り人が多いとか、先行者がいたとか、安易に逃げないことが大切。確かにそういう原因も現にあります。他にやり方がなかったか?再考します。
スマートな釣りを目指す。ちょっと漠然としていますが、トラブルを少なく、テキパキと、自然体で、流れるような釣りスタイルが理想です。中々難しいのですが・・・

P8200138.jpg
「1投目に出ました」

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

いつもの川について

これから書くことは僕の今の考えです。批判的な方もいらっしゃるかもしれません。そういった方には最初に謝っておきます。

僕がいつも通っている渓流は3ヶ所。北陸の1河川と飛騨の2河川。2河川のうち、1本は有名な支流。スクール等で利用させてもらっています。プライベートでも30数年前より通っていて僕の好きな渓流の一つです。この間の大水でマスが移動したので来年どうなっているか、少し心配ですがマスのこと戻ってくれるでしょう。

もう1本の渓流は30年以上前に訪れた川ですが、ここ10年以上前から頻繁に通っています。
好きな理由は①開けていてラインを出して釣りができること。②大物(アマゴ、ヤマメ)が出ること。③山奥へ歩いて入ったり、バイクで入ることなく、車から降りてすぐ大物が狙えること。体力的にも無理だし、そもそも山奥へ入ること自体がそんなに好きではないこともあります。
004_20130820185827847.jpg

ここは以前からイワナの出る比率が低い川です。今年の夏以降は特に少なく、釣れてくるのはアマゴやヤマメがほとんどでした。渓相が開けていて、プールが所々にあり、大きな石のポイントが少なく、浅い瀬が続くことも要因でしょう。もちろん、僕がイワナを積極的に狙っていないということも。
また1日やっても釣果自体が少ない川です。20センチ以下のアマゴ・ヤマメを除くと数を望む川ではありません。

この川はここ数年、釣り人が増えています。昔からのエサの方やフライ・ルアーの方に加えて、新しく通う方が増えた訳です。これには僕も少し加担しているフシがあります。一緒に釣りに来たりしていますので。

僕自身は釣り人が増えることには何の不満もありません。釣る場所が減るとか、先に入られるとか色々不満を聞きますが、みんな釣りたいのは一緒、「シェア」する心を持ちたいものです。大きいのが釣れるとか、数が出るとか、情報を仕入れてみんな来る訳ですから。

個人的なことなので、批判を受けるかもしれませんが、同じ川に通っていると「知り合いに会うこと」が増えます。川で知人に出会えることは嬉しいことです。この2つの川では良く知り合いに会います。情報交換したり、しばし雑談したり、時には一緒に釣りをすることも少ないことではありません。楽しみが増えて喜びが深まるので嬉しいことなのです。

ずっと以前から「数」を望むことはしなくなりました。楽しみながら、きちっと釣りをすれば良いと考えるようになり、結果的に数が出ることもあるし、時には大物が出ることもあります。たとえ数が出なくても、大物が釣れなくても楽しい時間が持てればそれで「良し」と考えるようになりました。複数で釣りに行くことが増えたのもそれが要因です。

前にも書きましたが、複数で釣りをすると自分の釣りの時間が減ります。3人なら3分の一になります。一人でやっていれば3倍釣れたかもしれません。たくさん釣ったり大物を数多く釣りたければ一人で行っているでしょう。でもそれをやらなくなったのは「別の楽しみ」を見つけたからです。

この川は釣り人が増えていますが、ずーっと続くものではないかもしれません。増えた理由は色々あると思いますが、訪れた釣り人全員が通い続けるかどうかは不明です。数が出ないこと、大物が出ることで有名になったが、大物を釣るのはそう簡単ではないこと、ポイントが割りと広く、大きいのでそれなりの釣り方が要求されること、釣り人が多くなったので敬遠する人が出てくる、などが考えられるからです。

でも、だからこそ、通ってほしいとも思います。ラインを長く出してキャスティングして釣りをする。数が出ないが、考えて工夫して「いい型」を釣る。アマゴ・ヤマメが中心になるので、ドラグを減らして、流して釣ることを目指して欲しいと思います。

ただ、この川は色々危険があります。ガケ崩れ、落石、クマ、川で流されるなどの危険があるので、できれば単独釣行は避けたいところです。装備を充分にして、常に安全に気を配りたいものです。

もう一つの北陸の渓流。ここは30年以上前から好きな川です。開けた渓でフラットです。所々に1mほどのエンテイがありますが、マスの行き来に問題はありません。少し上流側へ行くと大きなエンテイがあります。
特に大物が出るということはなく、開けた渓流でのびのびとロッドを振れるので気にいっています。

例年、9月に入るとこの川が釣行の中心となります。








tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

複数で釣りする時は

2人で渓流へ入る時は、僕はいつも一緒に釣り上がります。3人でも一緒に交代で釣り上がります。

一緒に釣りをしたほうがいいと思っているからです。一人が釣りをしている間、もう一人はその釣りを見ながら次の順番を待ちます。

一番の理由は何と言っても、人の釣りを見るのは「勉強になる」からです。自分とは違う釣り方を見られるし、良いところも悪いところもわかります。もう一つの大きな理由は「楽しい」から。「出た!」とか「おしいー!」とか喜びや悔しさを共感できます。

交代で釣りをすると自分の釣りの時間が半分になるわけで(二人の場合)、人によってはもっと釣りをしたいと思うでしょう。最初から別れて別々に釣りをする人もいるでしょう。今までの経験の中でも、途中で釣りを始めてしまう人もいました。そんな時僕は一緒に交代で釣りをするようそっと促します。それが合わないというのであれば、次からは僕と一緒に釣りに行ってはくれないでしょうね。僕も次回の釣行に誘うことはないでしょう。

せっかく一緒に釣りに行ってるのに、最初から最後まで別々に釣りをしているのであれば、単独で釣りをしてるのと何も変わりません。「勉強」や「共通の楽しみ」を放棄してることになります。

では、どうやって交代するか?いくつか方法があります。一番多いのが「ポイント」ごとに交代する方法です。一つか二つのポイントごとに交代します。たまに「シャレ」でやるのが「フライに出たら交代」というものです。釣れても釣れなくてもフライに出たら交代です。これは気心がしれていないとあまりやりません。

それから僕がよくやるのが「ここどうぞやって下さい」というもの。どうしても僕にたいして遠慮している人がたまにいるので、僕よりたくさん釣りをしてほしいと思い、そうしています。遠慮してない場合でもポイントを譲ることが多いです。

たくさん釣りたいのはわかります。でも僕は誰かと釣りに行った場合は優先すべきことが他にあると思います。楽しく時を「共有する」ことです。

堅苦しく考えなくてもいいです。のんびりと楽しく1日を共に過ごす。釣果にとらわれることなく・・・

DSCF1450_20140825002324bc0.jpg

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

最近の日常の過ごし方

7月の上旬に釣りに行ってから、今日まで渓流へ行ってません。僕にしては珍しいことです。
いつもの大物がいる川へ行きたいのですが、一人では決心がつきません。

で、毎日どうしているかというと・・・家の雑事をどうにかこなしながら、夕方には員弁川へ「シラハエ」を釣りに行きます。
このシラハエが手ごわい。20番以下のドライ・フライを2本結んで釣るのですが、出る割にはフッキングが悪いのです。
ダウン・クロスにキャストして、ラインをゆるく張りながら流していると「くんっ」とアタリが出ます。ほとんどの場合「パシャッ」と波紋が出るのですが、波紋が出ない時もあります。ラインが動く場合も多いです。シラハエといえどもラインを引っ張っていくのです。
アマゴやイワナと違うのでバレたりノラなくてもいいのですが、そこは「バカな私」、少し悔しいわけです。

川岸を歩くとシラハエが群れになって深い方へ逃げていきます。割と遠い距離で「察知」するようです。なので静かにアプローチします。

プレゼンテーションも気付くことがあります。ストレートに着水すると「すぐに」フライに出ますが、曲がって落ちるとあまり反応しません。ティペットは0.3号ほどで全長は15フィートほどですが、フライは2本付いています。ロッドは3番。キャスティングの練習にもなります。下流から強い風が吹いている時などは特に面白く、真っ直ぐ落とすキャスティングを心掛けます。

2週間ほど前に、岐阜から来られたフライマンと川でしばらく立ち話をしました。スペイでニジマスを狙っているのですが「ここは面白い!」とおっしゃっていました。その日は反応がなかったとのことでしたがキャストが上手な方でした。

てなことで・・・渓流へ行かなくちゃいけません。あそこへ行きたい!!
DSCF0921.jpg



tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

メガネを新調した。

しばらく釣りに行ってないので・・・(最近は一人で釣りに行く気があまり起こりません。)

もう何個目かな、メガネを今日新しくしました。行きつけのメガネ屋さんでチェックしてもらうと「度」が進んでいて、調整すると「はっきり」見えます。

もちろん遠近両用ですが、パソコンも新聞も楽になりました。ついでにフレームも新調します。

ちなみに、お店の人に「偏光グラス」のことを聞いてみると・・・やはり高額でした。今までどうり偏光グラスなしでいきます!

007_20130808221859780.jpg
「去年のヤマメ」

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード