FC2ブログ

嶋崎了氏の映像を見て

YouTubeの「FlyFisherの夏休み/嶋崎了」はとても参考になる映像でした。
氏が夏の東北を釣っていくのですが、とてもスマートです。

「勉強になった点」
①彼が提唱する「ロング・ティペット・リーダー」のシステムが良くわかった。
②ドラグが掛からない(当たり前ですが)。
③ライン・リトリーブがスマート。
④ロールキャスト・メンディングを見事にやっています。
⑤「投げて手繰っているだけ」と彼は言います。「メンディングは必要ならやるけど、そうじゃなければやらない」とも言います。
 これは僕もそう思います。
⑥スラック・キャスト(カーブ・キャスト)の投げ方を説明されていた。ティペットを折りたたむキャストです。
⑦マスをランディングする時、ロッドのリールを逆向きにされています。体の後ろ側へロッドを持って行くのですが、この時、リールを逆向けにするとロッドのパワーが強くなり、マスを引き寄せやすくなります。これをさり気なくやっていらっしゃるのは凄いことです。
⑧イワナはどこにいるかわからないので、いろんなポイントを打っていく。その上でその日の傾向がわかればそこを重点的に攻めていくとおっしゃっています。
⑨ヤマメは1投目が大事(⑧と⑨は僕もそう思います)。



渋谷直人氏/ロング・ドリフトを見て。

IWさんからお借りした渋谷直人氏のDVDは面白いです。色々と勉強になります。
彼がこのDVDで言っていることや、やっていることを僕の場合と比較してみました。

●僕が知らなかったこと、できてなかったこと。
○バブル・ラインを重視する・・・マスの付き場を見る上でこれが一番大事だと彼は言います。僕も気にはしてきましたが彼ほどではなかったです。勉強になります。
○キャストした時、フライやティペットが左右にずれている時の修正の仕方・・・グリップの指を動かして直すと彼は説明しています。
○フライを状況に応じてこまめに変えている・・・これでまだいけるとかじゃなくて、さっと変える判断力。
○フライの種類が多い・・・オリジナリティーにも溢れているし、素晴らしいです。
◯これは僕の想像ですが「ライト・パターンの大きなフライ」を使う場合があるようです・・・瀬などを流す時、見つけてもらう為ですね。フックをあまり大きくしたくないので、長めのハックルや他の素材を使って目立つようにしているのではないかと思います。
○インジケーターの色が地味目・・・ナチュラルや白系が多い。僕はピンクが多いです。これから考えていきます。
◯ここはと思ったポイントは何度も流す・・・時には10回以上も。僕はそこまでやりませんでした。



●同感できること、僕もやっていること、やってきたこと(彼のような素晴らしい釣り人に対してすごくおこがましいことですし、恐れ多いことですが)。
○とにかくキャスティングが一番大事と彼は言います・・・僕もいつも言っていることですね。
○真っ直ぐにキャストする・・・これも基本ですね。
◯顔の下でオフショルダー・キャストをするのは良くない。同感です。使う場面もあるようです。
○ループの角度を考える・・・シュートの時はバックを高くしてフォワードを下げてポイントに向ける。ループを水平にすると、フライが後から落ちたり、風の影響を受けたり、ドラグが掛かりやすくなります。精度も落ちます。
○舟形ループでキャストする・・・ロング・ティペット・リーダーではこのキャスティングが大事ですね。
◯プレゼンテーションの時、真上から投げない。固まったティペットの上にフライが落ちてトラブルの原因になる。左右どちらかに少し傾けて投げると良いと言っています。これも僕と同じ考えです。
◯ポイントから離れてキャストし、ロッドを水平にして、あまり動かさなく、流れてくるラインを静かに手繰っている。これは僕の理想形でもあります!
◯ヤマメは長くドリフトした方が良い・・・おっしゃる通りですね。
◯ライズがあれば別だが、そうじゃない場合は大きいフライを使って、マスに見つけてもらうことを考える・・・特に水面が動いているような流れ。実際に彼は11番等を使っています。僕も10番を使うことは普通です。
○マキの釣り方・・・スラックを多めに掛けてキャストすると彼は言います。同感ですね。
○マキの釣り方・・・マキにできたバブルを狙う。これも同感です。
◯ロール・キャスト・メンディング(ロール・メンディング)をやっている・・・当たり前ですが素晴らしいです。強い瀬の向こう側でやっていますが、さらっとやっています。
◯フライをつかむ時のやり方・・・ぼくがいつも言っているやり方を彼もやっています。

「シャレで問題です」
彼が言っています。「バブルがS字のようにくねっている時、フライも同じように流す必要がある」
彼は流し方の答えを言っていません。
皆さん、答えは何でしょうか?

tag : フライ・キャスティング

フライ・フィッシングが飽きない訳

40年、フライを続けています。他にも趣味が色々ありましたが続けているのはフライとブルーグラスとキャンプ、山歩き、ガーデニングなどです。
DSCF8534_20101103212626.jpg

何故フライが飽きないのか?主に行くのは渓流、本流のライズの釣り、冬の管釣りです。それぞれに面白さがあります。

渓流では同じ川(3本くらい)に行くのが多いのですがそれでも毎回新鮮です。それは思ったように釣れないからではないかと思っています。勿論釣れた時は嬉しいです。サイズが小さくても嬉しいです。

20年以上、ロング・リーダーに挑戦してますが未だに納得できません。まだドラグが掛かってしまうのです。
他にも・・・一発でポイントに入らない時がある、ノットができる、合わせが決まらない、バレる、ややこしいポイントが全部クリアできない、マスがいるポイントがすべて把握できてない、いろんな条件の違いに完全に対応できてない、いろんなキャスティングやプレゼンテーションがまだ他にあるはず、システム(リーダーやティペット)の進化、フライの開拓などなど・・・

ライズの釣りでは・・・一番大きな要因は思ったように「釣れない」ことです。ライズしてるのに釣れない。ものすごく奥が深いと感じます(単に自分が下手なのだけですが)。アプローチ、キャスティング、プレゼンテーション、流し方、フライの選択、ライズの読みなどなど、クリアすべき課題が多いのです。

管釣りでも奥が深いと思います。いつも思うように釣れるとは限りません。

キャスティング一つとっても未だ満足のいくものではありません。先日も師匠の寺尾さんと一緒にロッドを振りましたが自分の未熟さを痛感しました。バックのループ、プレゼンテーションの形などが違うのです。

自分の腕はさておき、思うようにいかないことが次回へのモチベーションにつながっているのでしょう。自分にたりないものは何か?直す点は何か?もっと上手くなるにはどうすればいいのか?

どれだけやっても見えてこないゴール、その中でたまに感じる達成感。フライ・フィッシングが持つ多様な面白さを感じる時。そんな繰り返しがエネルギーになっているのでしょう。

最近、釣りの前夜は眠れなくなりました。以前も眠れなかったのですが今のようなことは少なかったです。病気かもしれません^^。

そんな体で一日釣りをしても疲れはあまりないのです。少し気をつけないといけませんね。

スクールをやらせてもらってるものがこんなことを書いてはいけないですね。でも本当の気持ちです。もっと上手くなりたいと思います。もっと楽しみたいと思います。そうして少しでも皆さんに恩返しができたらと思います。

tag : フライ・フィッシング・スクール

テクニック論をブログに書く理由,スクールを始めた理由

僕が偉そうにブログにテクニック論をあーだこーだ書いたり、フライ・フィッシング・スクールを始めたりしたこと、その理由や考え、目的を今回はあらためて書きます。
まず、上手い人は世の中にいっぱいいることは勿論知っています。僕なんか大したことないのも知っています。

1. 微力ながら恩返しの気持ち・・・今までフライをやってこれて沢山の方にお世話になってます。僕はもう先が短いので今の内に知る限りのことを残しておきたいと思っています。

2.今までの経験から困っている方が沢山いることがわかり、いろいろ喜んでもらった経験が沢山あり、もっとお役に立ちたいと言う思いが強くなったこと。
3.僕が書いたり行っていることは自分が経験したことをベースにしています。書いたり、やっていることは責任を伴いますからね。

4.フライ・フィッシングやフライマンのレベル・アップのお手伝いをしたい。単にテクニックだけではなく、真の釣り人になってもらいたい。マナーやルールのことをあまり書きませんが敢えて省いています。現場では折につけ話していますが少しは書いてもいいですかね?

5.新しくフライの世界に入ってくる人を増やしたい。そのお手伝いもしたい。また、せっかくフライを始めた人をやめさせたくない。この素晴らしいフライの魅力をもっと知ってもらえたらと・・・

友達などからは「30年以上かけて得たものを元にフライの仕事をしてるのだから、”ただで公開するのはおかしい”」と言ってくれる人もいます。

テクニックなどは自分で磨くものであり、あまり公にするものではないと思っている方もいらっしゃるでしょう。
僕もそう思います。自分で考え、工夫し、もがきながら成長するのが本来の姿だと思います。

でも僕は上記の理由から敢えて恥をかきながら書いてきました。間違っていたら素直に訂正いたします。
僕も含めて皆が上手くなってより良きフライマンが増えるのを願っています。DSCF8098.jpg

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

「こんにちは」の大切さ

「こんにちは」とか「どうですか?」とか挨拶は大事ですね。

小学生の「道徳教育」みたいですが(笑)。

先日も釣りの準備を友人とゲート前でしていると3人組のフライマンがダーッと乗り付けてきました。僕が挨拶をすると(僕はいつも自分から挨拶をしようと心掛けています)目が合いましたが無視されました。そして一人があわてて車から降りてきてゲートを開けて「クモの巣を散らすように」ゲートの奥へと消えて行きました。

あまりの仕草に怒る気もありません。というか哀れになりました。

何故フライマンとわかったかと言うと、僕らがゲートから歩き始めてわずか200m先の支流に3人が入ったところを見たからです。そのあと彼らを本流で見かけなかったので車で各支流を回ったのでしょう。

そして夕方、僕らが釣りを終えてゲート前の車の側で片づけをしていると例の車がゲートを開けて帰ってきました。当然ですがそのまま脱兎のごとく走り去っていきました。もう、何をかいわんやです。

人それぞれ考えがあります。人より早く釣りをしたい、川に入りたいというのはわかります。でも今回の出来事が逆の立場だったら彼らはどう思ったでしょうか?たぶん「喧嘩」になっていてもおかしくないですね。

ちょっと車を止めて「おはようございます。どこへ入りますか?」と言えばいいのです。そうすればお互い楽しく1日を過ごせるのです。

一声かける・・・メリットはいくつかあります。最高の場合は一生の友人ができるかもしれません。町で同じ趣味の人に出会うのは「ショップ」以外ではほとんど不可能に近いからです。川で同じ趣味の人がいるのに声を掛けて損はないはずです。根尾川で声を掛けて以来、今も一緒に釣りに行くKさんやMさんもその一人です。

メリットは他に情報をもらえることです。これは貴重です。川でしばらく話し込むこともしばしばです。気が合えば一緒に釣りをすることもありました。中々、他の人と一緒に釣りをするなんて普段、あまりないですからね。
他の人の釣りを見るのもいいものですよ。勉強になりますから・・・

先日も一色川で若い方と少しお話をする機会がありました。感じの良い方でした。こちらはスクールでしたのであまり長くお話ができませんでしたが。彼はあまり来たことがないと言ってみえましたが失礼のない程度に川の状況をお話させて頂きました。又、お会いしたいものです。

メリット(声をかけることをメリットと言ってはいけませんが)はこのようにいくつかありますが、挨拶は当然ですが最低の条件です。気持ちよく1日をお互い過ごす為にはマナーとして持っておくことが必要でしょうね。

しかし、先のように声をかけても返事がないことも時にはあります。そんな時は冷静に対処しましょう。オ・ト・ナとして・・・




プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード