FC2ブログ

7/2 増水の釣り

Uさんといつもの渓流へ行きます。透明ですがまだ相当増水しています。
なので比較的安全な上流域に入ります。
反応は芳しくありません。唯一このイワナが釣れました。
IMG_0302.jpg

昼食の後は別の支流へ向かいます。ここも結構な増水で川全体が白い感じです。
入るとすぐにライズがいくつかあります。彼のフライに出ました。
交互にやっていきますが反応はまずまずです。
あるプールに来ると、2か所でライズがいくつかあります。彼がフライを変えると言うので、黒の小さなものを使えばどうですか?とアドバイスさせて頂きました。
すると・・・見事に釣りました!素晴らしいです。
釣り上がる途中に沢山の小さな黒い虫を見ていました。サイズは16番ほどです。

僕はティペットが4X、フライは10番で通しました。反応は良かったです。強い流れや、岩のそば、白泡付近などを打っていきました。
瀬で来たのが下のヤマメです。

IMG_0303.jpg

増水が収まればチャンスが大きくなると思います。次の釣行は7日を予定しています。

さて、ロッドとリーダー&ティペットのテストですが・・・
今日はSAGE/LL 9ft 4番を持ってきました。ティップを修理したものです。
リーダーは太くしたもの。ティペット4X、フライは10番。
大体は良かったのですが、狙った場所に1投目に入らないことが、少しありました。



tag : 渓流フライ・スクール ドラグを防ぐ ライン・リトリーブ

6/28 増水の釣り/テストも兼ねて

naruさんと一緒に向かいますが雨が相当降っているので、祈りながらの道中でした。
長良川は茶色です。目指す川も増水で濁っていますので、支流を見にいくと何とかできそう。

DSC_1499_20200628231615cf8.jpg

DSC_1503.jpg


IMG_0301.jpg
「彼はまた上手くなっていました」

この支流を300mほどやりますが反応はまずまず。僕はいいのを掛けますがバラしてしまいました。
naruさんがイワナを釣ります。
DSC_1501.jpg


次に別の支流を見に行くとここも何とかできそうです。
そこそこ反応が二人に出ました。

午後から目指していた川を見に行きます。
朝は茶色でしたが、濁りは取れています。しかし、結構な増水です。
安全なコースを500mほどやってみます。
二人にいいのが何匹か出ましたが、どれもキャッチできませんでした。

さて、僕のテストですが・・・
前回のテストでまずまずと言ったのですが、より上を目指したいので恥をしのんで書きます。
問題点がいくつか出ました。
①・・・やはりライン・スピードが上がらない。
②・・・カーブ・キャストをもっと良くしたい。
③・・・スラック・キャストをしてもスラックの量が以前のように多くならない。
④・・・1投目に狙ったポイントに入らないことが割とあった。
⑤・・・尖ったループが作れない。
⑥・・・フォルス・キャストが少し多くなる。
⑦・・・いくつかのバラシがありました。
来週も行くので何とかモノにしたいです。
今まで使っていた「SAGEのLL」に太くしたリーダーを付けて試してみようとも思っています。

tag : フライ・フィッシング・スクール スラック・キャスト

6/25 テストの結果は・・・

IMG_0298.jpg
「ツツジがきれいです」

新しく作ったリーダー・システムのテストに行ってきました。
結論は・・・いい感じです。
ティペットは5Xで、フライは10番を使いましたが投射性、正確さがアップしました。
フライが着水寸前に暴れることもほとんどなくなりました。
舟形ループもまずまずできました。
ティペットは5Xですが、リーダーの中央部が太いのでカーブやスラック・キャストがやりやすいです。

現場でリーダーの調整もやります。真ん中あたりに太い糸を追加すると上手くいきました。
全長は16~17ftくらいです。
これからも、もっともっと試していこうと思っています。

IMG_0300.jpg

さて、釣りの結果は・・・
天候は曇り時々晴れ、後半に少し小雨。
9時から2時半までやりました。
マスの反応はやや少なかったです。

tag : 渓流フライ・スクール アマゴの釣り方 ロール・メンディング

新ロッドに入魂できました。

Mさんと行ってきました。
彼はルアーで、交代で釣り上がります。
入ってすぐ、彼がいいアマゴを釣りました。きれいです。

IMG_0293.jpg

僕は午前中キャッチできません。午後になってこのアマゴがきました。これもきれいですね。
流れ込みのマキのようなポイントから元気よく食ってきました。
IMG_0295.jpg

このマスは緩い瀬から出ました。
IMG_0296.jpg

彼が瀬から出したのはこのイワナ。立派なイワナでした。
IMG_0297.jpg

僕は今日、大きいのが1回出たのですがフッキングできませんでした。強く早い瀬です。使ったフライは10番のパラシュート・カディス(ブラウン系)。ティペットは5X。

周囲は自然林の緑。陰に入ると気持ちいいです。マスからの反応は時々ですが楽しい時間を持てました。
Mさん、どうもありがとうございました。

さて、ニュー・ロッドとリーダーやティペット、フライの感触はどうだったか?ですが・・・
①・・・ライン・スピードが思ったほど上がらない。素材がグラスなのでそうなります。グラスに合わせた投げ方が必要です。
②・・・舟形ループがやや作りにくい。
③・・・フライを落とすポイントの距離感が少しずれる。
④・・・カーブやスラック・キャストがもう少し。
⑤・・・フライが着水寸前に暴れることがあった。
●・・・これらの原因は言うまでもなく僕のキャスティングのせいです。精度を上げなければなりません。
    又、リーダーやティペットの再点検も必須です。大きなフライ(10番)を自由自在に操れるようなシステムを構築しなけれ   ばなりません。ロッドに合わせる必要があります。
今日、やってみて感じたことは・・・もっと太いリーダーを使うこと。ティペットを4Xにすること。それで全長を17フィート前後にする。
色々、試していきます。

良いと感じたこと。
①・・・ロール・キャスト・メンディングがやりやすい。
②・・・マスがバレにくい感じがした(もっと釣らないといけませんが)。
③・・・マスの「引き」がカーボンよりもダイレクトに伝わってきた。




tag : 対岸マキの釣り アマゴの釣り方

9/26 最後の渓流、K君が有終の美!

彼に無理を言って最後の渓流に行ってきました。
午前10時前から午後4時半まで釣りをします。
晴れ、無風のいい条件です。
水量はやや減水。

18フィ―ト、ティペット5X、茶色のパラシュート12番でスタート。
午前中は反応良いですが昼前後は悪くなりました。
上流部はご覧の通り、減水と、流れが変わり浅くなっていて、ポイントが少ないです。
なので、ちょっとでも深いポイントや陰の場所を狙っていきます。
立ち位置も考えます。フォルス・キャストもポイントに向けてはしません。
ブッシュ際は喜んで打っていきます。
石の陰や石の近くの深みも狙います。ここは実際に良く出ました。

IMG_0042.jpg
IMG_0043.jpg
IMG_0044.jpg
IMG_0045.jpg

午後は下流部に入ります。水量は上流部より多いです。
反応も復活しました。

そして・・・ここで終わりというポイントに来ます。
落ち込みの「マキ」の泡に彼がキャストすると「バシッ」と出ました。
成熟した立派なアマゴです。一連の流れは見事なものでした。

IMG_0050.jpg
IMG_0051.jpg

彼のお陰で楽しく終われました。本当にありがとうございます。
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴42年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード