フリッピング(ラインを出す)

フリッピング・・・投げた後、ロッド・ティップを動かしてラインを出していくこと。
本流の釣りでは必要なテクニックですがこれをやっている方が以外と少ないようです。近い距離で少し流すだけならしなくていい場合もありますが距離がある程度あって流れが複雑な場合には必要になってきます。

何故必要かといいますとフリッピングをしないとドラグが掛かりやすくなるからです。ロッドを下流に向けていくだけでラインが張らなければいいのですが。ラインのスラックが取れて真っ直ぐになるとドラグが発生します。

狙うポイントの距離や流す距離を考えてそれ以上のラインを前もってリールから出しておきます。プレゼンテーションしたらラインが適度なスラックを最後まで保つようにします。
プレゼンテーションした時にラインにスラックが入っているはずです(もし入っていなければ練習しましょう。特にダウンクロスに狙う時)。そのスラックが減らないようにするのです。ラインが手元で余っているはずですのでそのラインを、ロッドを持ってる指に軽く掛けてロッド・ティップを上下か左右にピッと動かします。そうすると少しラインが出ます。あとはこれを繰り返します。

ラインの出し方は適度なスラックを保つ程度です。ラインを出す時、手元を見てはいけません。練習や馴れが必要です。

フリッピングはダウンクロスで狙う時に特に必要になります。アップクロスに狙う時は普通必要ありません。逆にラインを回収する場合が多いです。

tag : フライ・フィッシング・スクール フリッピング

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード