「こんにちは」の大切さ

「こんにちは」とか「どうですか?」とか挨拶は大事ですね。

小学生の「道徳教育」みたいですが(笑)。

先日も釣りの準備を友人とゲート前でしていると3人組のフライマンがダーッと乗り付けてきました。僕が挨拶をすると(僕はいつも自分から挨拶をしようと心掛けています)目が合いましたが無視されました。そして一人があわてて車から降りてきてゲートを開けて「クモの巣を散らすように」ゲートの奥へと消えて行きました。

あまりの仕草に怒る気もありません。というか哀れになりました。

何故フライマンとわかったかと言うと、僕らがゲートから歩き始めてわずか200m先の支流に3人が入ったところを見たからです。そのあと彼らを本流で見かけなかったので車で各支流を回ったのでしょう。

そして夕方、僕らが釣りを終えてゲート前の車の側で片づけをしていると例の車がゲートを開けて帰ってきました。当然ですがそのまま脱兎のごとく走り去っていきました。もう、何をかいわんやです。

人それぞれ考えがあります。人より早く釣りをしたい、川に入りたいというのはわかります。でも今回の出来事が逆の立場だったら彼らはどう思ったでしょうか?たぶん「喧嘩」になっていてもおかしくないですね。

ちょっと車を止めて「おはようございます。どこへ入りますか?」と言えばいいのです。そうすればお互い楽しく1日を過ごせるのです。

一声かける・・・メリットはいくつかあります。最高の場合は一生の友人ができるかもしれません。町で同じ趣味の人に出会うのは「ショップ」以外ではほとんど不可能に近いからです。川で同じ趣味の人がいるのに声を掛けて損はないはずです。根尾川で声を掛けて以来、今も一緒に釣りに行くKさんやMさんもその一人です。

メリットは他に情報をもらえることです。これは貴重です。川でしばらく話し込むこともしばしばです。気が合えば一緒に釣りをすることもありました。中々、他の人と一緒に釣りをするなんて普段、あまりないですからね。
他の人の釣りを見るのもいいものですよ。勉強になりますから・・・

先日も一色川で若い方と少しお話をする機会がありました。感じの良い方でした。こちらはスクールでしたのであまり長くお話ができませんでしたが。彼はあまり来たことがないと言ってみえましたが失礼のない程度に川の状況をお話させて頂きました。又、お会いしたいものです。

メリット(声をかけることをメリットと言ってはいけませんが)はこのようにいくつかありますが、挨拶は当然ですが最低の条件です。気持ちよく1日をお互い過ごす為にはマナーとして持っておくことが必要でしょうね。

しかし、先のように声をかけても返事がないことも時にはあります。そんな時は冷静に対処しましょう。オ・ト・ナとして・・・




プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード