6/23 スクール 楽しくお勉強

お二人を迎えて渓流フライ・スクール・ミーティングを庄川で行いました。

Kさんは何回かスクールを受けて頂いています。Iさんは初めての参加で、渓流フライも今日が2回目です。
お二人とも「キャスティング」が主なテーマなので、今日はこれを中心にスクールを進めます。

僕のデモ、お二人の実践の釣りとそれに対する分析、ポイントの説明と釣り方、ラインさばき、いろんなトラブル対処法などもやっていきます。

水量が回復して、天気も程よく、マスの活性は高いです。今日はいつもより、僕の釣りを多く見てもらいました。立つ位置、狙うポイントの場所と順番、ラインさばき、キャスティング、フライにドラグが掛からないことなどを説明を交えながら見て頂きました。
23.jpg
「流芯のすぐ向こうの瀬脇を狙っています。右カーブ&スラック・キャストで落とし、必要ならその後、ロール・メンディングを加えます。」

25.jpg4_20130625173854.jpg5_20130625173854.jpg

20.jpg
「上の写真と同じポイントですが狙っている場所が違います。目線の違いに注目下さい。狙っているのは対岸の緩いポイントです。同様に手前に早い流れがあるので、プレゼンテーションは右カーブ&スラック・キャストです。ロール・メンディングが必要になるので、そのつもりでキャストします。ロッド・バットの近くのラインに注目下さい。いつもならキャスト後すぐに右手でラインを持つのですが、写真では持っていません。左手でラインを持っています。ロール・メンディングをしようとしている訳です」

DSCF0955.jpg

フライにドラグが掛からずに、ナチュラルに流れたり、浮いたりしているとマスがちゃんと食ってくることをお二人の目の前で、何度も見てもらいます。

ドラグを掛けないことや、狙っている場所に正確にフライを置くには「キャスティング」が一番大切だということをお話します。実際に現場でお二人に「キャスティング・レッスン」を幾度か行いました。ループを作ること、真っ直ぐ「ターンオーバー」させて落とすこと、をまず目指してもらいます。
1.jpg 3_20130625173855.jpg

21.jpg
「キャスティング・レッスンの図。ループの違いに彼もびっくりの様子です。練習頑張ってね!」(ポイントに立っていますが、ごめんなさい)

「キャスティング」が一番重要だということをわかってもらいました。

夕方まで休憩をはさんでレッスンを行いましたが、お二人にもマスを釣ってもらい、熱心に取り組んで頂きました。
25-2.jpg
27.jpg


感想を伺うと「とても良かった」、「楽しかった」、「課題が多いがクリアすべく頑張る」などと言って頂きました。お二人様、有難うございました!



tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード