5/29(木)数日前より反応上がる

M君と渓流へ。8時に到着、先日より水が少し増えています。10番のアダムス・パラシュートでポイントを打っていくと反応がいいです。ところが・・・よくバレルのです。これについては後半で。

DSCF1386.jpg
DSCF1387.jpg
「ナイス・ヒット!」

先日よりマスの反応が多かった要因は・・・水量が増えた、マスの体力・活性が上がった、などが考えられます。確かに体の幅が広いマスが多かったです。特にお腹が膨らんでいる個体が目立ったのは「食い気」が高くなっている証拠でしょう。

いよいよ来週くらいからは盛期に入るのでしょうね。
午後4時には釣りを終了して、イブニングをやらずに二人とも満足して帰路につきました。

●「バレル」原因は・・・いくつか考えられます。まず、僕のミス。合わせを通常の速さでやっていた。M君は僕より遅かったがバレは少なかった。少しタイミングを遅くすることを試したい。理由は、この時期のマスは「食い気」は高いが体が充分に回復しきれていないため、フライを上手に食えないと考えます。もう一つの理由は「水面のフライを食いなれていない」可能性がある。もちろん、フライを食いやすく流すことが前提です。

まだまだ、勉強が必要だということです。

「このポイントで釣りました」
早い流れの向こう側を横から狙います。赤い線が流すスジですが、幅が狭いうえに対岸にはボサがあって正確なキャストが要求されます。白泡と水中の赤い石との間の流れが本命です。ドラグが掛かりやすいので図のように右カーブ&スラック・キャストを使うといいでしょう。やはり理想は「1投目」からパーフェクトにできればOKですね。
DSCF1384.jpg
DSCF1385.jpg


tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード