どこまで流すか?

スクールやプライベートでよく見るのが、自分の近くまでフライを流してくるということです。
自分の横まで毎回フライを流してくる方が以外と多いですね。

全く悪い訳ではありませんが、いろいろと無駄が出てくるし、トラブルの原因ともなるので、注意が必要です。

例えば10m上流へキャストしたとします。そうして自分の横まで流してくると、約10m流した計算になります。たるんだ(余った)ラインは相当な長さになっています。次にキャストする時にスムースに投げられるのは難しくなってきます。
次のポイントへ移る時、2m前後歩いてからキャストするのが基本ですが、中にはちょっとずつ進んでキャストする方もいます。
そうすると毎回自分の横にフライが来ていて、フライが何度も同じポイントを通っていることになります。1~2回ならまだしも5回も6回も同じポイントを通過していると無駄になるし、トラブルの原因にもなります。
自分の横にフライがある時にマスが出ても「合わせ損なう」ことが多くなります。また、最初の頃ならフライに出ることもありますが、後になるほどフライに出る可能性は低くなります。
たるんだラインが多いと(手に持っていたとしても)次にキャストする場合、フォルス・キャストが多くなったり、ループが乱れたり、ラインが手に絡んだりする可能性があります。

ポイントを通す回数は普通1~2回が基本です。1~2回流したポイントはもう流さないということを心掛けましょう。

基本的な「流す距離」を決めて、2mほど移動したらまた「同じ距離」を流す。ということを心掛けます。

「ブロックで攻める」という考え方はどうでしょう?落ち込みからヒラキまでをいくつかの「ブロック」として見るわけです。普通は2m前後が基本です。もちろん、底石や深さ、流れの強弱などで変化しますが、こういった考え方を基本としてポイントを攻めていくと無駄やトラブルが減らせます。
例・ヒラキを2m流す。次にその上2mを流す。次に白泡の切れ目から2m流す。最後に落ち込みから流す。

ただし、ポイントには「幅」があります。落ち込みからヒラキまで幅が1mというのは普通ありません。大抵3~7mほどの幅があります。そんな時にヒラキから落ち込みまで一気に攻めるというのは感心しません。「横もブロックに分けて攻める」必要があります。最初はヒラキ周辺を手前から向こう側まで攻める。次にその上のブロックを手前から向こうまで攻める。次に白泡周辺の手前から向こうまでを攻める。最後に落ち込みの手前から向こうまでを攻める。こうやると無駄もなくなるし、釣れるマスの数も増えてくるでしょう。

大きな「マキ」の場合でもこの考え方をします。岸沿いの流れは相当な距離がありますので1~2mの長さで区切って攻めます。一度に3mも4mも流そうとしないことです。ドラグも掛かりやすくなります。
マキが大きい場合、流れのスジが2,3本出ることがあります。この場合もスジを分けて流します。中心側のスジと外側の岸寄りのスジとを分けるのです。
その中で、ポイントの優劣を見て、キャストする順番を決めていきます。

DSCF0907.jpg






tag : フライ・スクール ドリフト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ご無沙汰しております
石徹白スクールでお世話になりました
今シーズンは絶望的ですが来シーズンにはまた参加したいと思っております

フライは流しきってから回収するものだと勘違いしてました
それにしても画像の渓流みたいなとこでフライしてみたいですね^^;
めっちゃ綺麗です!

gen様

こんにちは!こちらこそご無沙汰しています。

もちろんフライは流しきるのですが、どこまで流すかということが重要です。自分の横まで流すのはやりすぎです。例えば5m上に投げたとすると、普通は2mほどポイントを流したらピック・アップします。7m上に投げたら2mほど流してピック・アップします。

ポイントを何メートル流すかはポイントの性格によって変わります。イワナは比較的流す距離は短くなりますし、アマゴなら少し長く流します。

普通は3mも5mも一気に流すことはしません。ポイントをよく見てそのポイントにいるであろう1匹を狙います。つまりポイントを分けて狙います。

一つのポイントを流して、その上のポイントをやる場合は自分が少し上流に歩きます。次のポイントが1m上なら1m歩くということです。そうすればラインの長さを変える必要がないからです。

また、よろしくお願いします。柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード