8/24 3人で楽しく・・・

DSCF1450_20140825002324bc0.jpg

naruさんからお誘いをもらって、M君と3人で、大水の収まった渓流に行ってきました。
いくつかの大きなプールが少し浅くなり、小さくなっています。逆に言えばドライ・フライ向きになったと言えますね。

7時半より、いつものように3人で順番に打っていきます。ジャンケンで順番を決定。僕が2番手。
2つほどポイントをやったら交代というシステム。待っている人はやっている人の釣りを見ます。勉強になるし、喜びや落胆も共感できます。これは僕の考え。皆さんも協力してくれます。3人が別々に釣りをすることはありません。それなら単独釣行と一緒ですから。釣りたいのはみんな一緒、でも複数で行った時はその強みを生かしたいものです。

プライベート釣行なので僕の押し付けがましい言動はありません。スクールとの差がなくなってしまいますからね。お金を頂くスクールに参加してもらう方に失礼でもありますしね。みんなでワイワイ楽しく釣りが進んでいきます。

さて釣りは・・・いつもよりマスの反応は少ないです。これには何か理由があるのでしょう。大水でマスが移動した?ここはもともとイワナの釣れる割合が低いのですが、今日は3人とも出ませんでした。
でも出てくるマスはどれも元気いっぱいフライを食ってきます。

naruさんが32センチのアマゴを大きなプールで釣りました。一番深い場所の白泡付近にフライを漂わせていた時、白く大きな魚体が「バシャッ!」と出ました。やや遅く合わせると見事にフッキング!
ネットに収まった魚体は太くて尾びれが大きい。朱点が少し見えるのでアマゴです。広いところでのびのび生活してこの川に上ってきたのでしょう。
良かったですね!おめでとう!(マスの写真がないのは彼のブログを見てください。理由が書いてあります)。

M君も大きなマスを出しましたがフッキングできませんでした。そこは木が3本も被さっていて、キャストしにくいポイントです。マスが出た場所より1m上流へフライを置きたいのですが、木が邪魔になってそれはまず無理です。しばらく休ませて作戦を検討。上流から流し込むことに。しかし、マスの反応はありませんでした。やはり1投目が大切なのです。彼もわかっていたようです。「もう少し上流にフライを置けばよかった」。

M君のキャスティングも上手くなっていました。彼はポイントから離れてキャストするのですが、今日は以前よりもっと離れて投げていました。きれいなループで確実にポイントに入ります。ショート・リーダーでやりたいと言っていましたが、ドラグの掛からない時間が以前よりも長くなっています。ショート・リーダー、ポイントから離れているなど難しい条件が揃っています。プレゼンテーションが良くないと釣り自体が成立しないとも言えます。しかし、彼はこのスタイルを選んだのです。「近くからやればいいじゃないか、何もそんな難しい釣りをわざわざしなくても・・・」という声も聞こえてきます。しかし、自分のやりたい釣りを目指す彼の姿勢には賛成です。突き進め!

3人で広くて浅い場所を歩いている時、少し大きな石が1個ポツンとありました。そこに45センチ・オーバーのマスが休んでいました。しばらく周りを右往左往していて、手で捕まえられる気もしましたが、悠然と上流の大きな淵に泳いで行きました。下流から上ってきて、ここで休んでいたのでしょう。気が抜けない川なのです。

僕は今日、大きいマスは出ませんでした。でもnaruさんに32センチが出たのでとても楽しい1日となりました。









tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

昨日はありがとうございました。

合わせについて 上手く出来ました。 2匹とも口の中にがっぽりフライが入っていたのが嬉しかったです。

ティペットのヨレについたはまだまだ精進しなければならないです。


楽しく1日過ごせました。またお願いします

No title

追記

写真使わせていただきます

naru様

お疲れ様でした。おめでとうございます!
出た瞬間は目に焼きついています。

No title

24日行かれたんですね。
私も栃木からの足でそのまま入りました。
入ったのが午後3時ほど。
日曜ですので林道で5台ほどすれ違い、さんざん叩かれた後だろうけど、時間が経って夕マズメならチャンスがあるかな? って感じで入りました。

ブログにもありましたが確かに各ポイント埋まり気味になりましたね。
私が去年釣った尺ポイントはすっかり形を変えてチープになってました。
いつものコースに入り音信不通が続きましたが、五匹ほどで頭が28センチのアマゴ(遡上もの)二匹でした。
尺ならず! 柚木さんご一行の後だとしたら良しかな(笑)

車中泊して昨日同じ水系の別な山の支流に行ってきました。
遭難スレスレの釣りで死ぬほどつかれた割には、
さっぱりでした。。。 あけて本日4時に帰ったんです!
想像以上に釣り人が入っているようで、ほんとに後半になって魚が出てくる始末でした。2回目行くとしたら、竿を出さないで1〜2時間歩いてから釣った方が良さそうな川ですが、典型的な山岳渓流なんでちょっとしんどいですね。

今シーズンも後わずか。次はお隣の森の川を探検してきたいと思います。
では。

ちゅう太郎様

おはようございます。

釣り人は以外と少ない印象でした。もちろん何台かはいましたけどね。
マスの反応はいつもより少ない感じでした。大水の影響があるのでしょう。

森の川、是非結果を教えて下さい。30年以上前に1回だけ入って好印象を持っています。今は浅くなっているでしょうけど・・・

naruさんすげぇ

皆さまどんどん今年の〆にかかってますね。その川用に#4買いましたが別の川で使っています。お祭りが一通り終わりましたので機会がありましたら是非お願いします。

フライボックス様

naruさん、上手でしたよ!
また、よろしくお願いしますね。
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード