僕が渓流で使うフライ

今回は渓流で僕が使っているフライのお話しです。

初期はクリーム系でパラシュート#16.#18#14。アダムス・パラシュート#14、#16。7月以降はブラウン・パラシュート#12~16、ブラック・パラシュート#12~16、オリジナル・カディス#12~18、クリーム・ミッジ#18~20。などです。縦ハックルのカディスもあります。
以外とパターンが少ないでしょう?持っていくボックスは1つです。

以前は色々巻きましたが今はだいぶパターンが落ち着きました。勿論いざという時の為のパターンは入っていますが・・・

初期に欠かせないのが「ミドリカワゲラ」です。盛期にはクリームの小さいカゲロウ・パターンが必携です。イブニングで主役になります。

アント・フライもありますがめったに使いません。羽アリ・フライはたまに出番があります。プードルも持っていません。エルクヘア・カディスもほとんどありません。自分のフライのレパートリーは自然とこうなっちゃたのです。

パラシュート・フライのインジケーターはほとんどピンクです。イエローやオレンジはやや見にくいのであまり使いません。
パラシュートの良いところは「1」安定性、「2」ライト・パターンが目立つ、「3」ボディーが水になじむ・・です。

見やすく(自分からも魚からも)、復活性能が良く、フッキングが良く、ドリフト性能が良いのがパラシュートだと思っています。

オリジナル・カディスも良く使います。水切れが良いので手間が省けて、手返しが良くなります。

だいたいの場合、パターンにこだわる場面は少ないと思いますのでこれで良いと感じています。
どこに落としてどう流すかが大事だと思っています。特に渓流では。

ところで、ほぼ全員の方が写真を見て「ピンクが目立たへんかぁ?」とお思いでしょう。でも大丈夫です。写真ほどは目立ちませんからね。(別のインジケーターの記事を参照して下さい)

DSCF7998.jpg


tag : 渓流 フライ フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは(^^)
もうかなり前30代の頃ですから25年前、、
一時期パラシュートで良く出るのでパラシュートのみになった
次期があって、そうすろとフライフィッシングが面白くなくなってしまった事があって鮎釣りにのめり込んでいったんですが

移り気な性格でしょうか色々なフライを作り、
それに出るのが楽しくてまたフライに舞い戻った訳なんですが
まあそんな人間も居るということで(笑

No title

凄いですね、すべてピンクで。

6年のブランクから昨年7月にフライを再開しています。
最近感じることはフライパターンが昔よりかなり変わったことです。

僕も久しぶりの渓流で目が衰えたせいかなるべくよく見えるフライをまいています。従ってパラシュートのポストはピンクが多いです。

柚木さんのパターンを見て間違っていないことに安心しました。

naru-kato様

どうもです。
フライは良く見えることも大事ですからね。ストレスもたまるし、コントロールもやりやすくなりますね。
柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード