9/2 今年最後(?)の川で・・・

DSCF1470.jpg
「34センチの湖沼型サツキマス」
DSCF1469.jpg

DSCF1471.jpg
「このフライに来ました。10番」

大安トラウトレイクのお客さまのYさんから、お誘いを頂いて、いつもの川へ行ってきました。
午前8時半頃着いてみると、たくさんの車が停まっています。もうすぐ禁漁なので、皆さん気持ちは一緒のようですね。

9時半過ぎから様子をみます。土曜日も釣り人が多かったし、禁漁前ということもあって連日のプレッシャーが掛かっていると予想し、いつもより細かく狙って12時前までやってみましたがパッとしませんでした。車に戻ってしばらくの休憩を兼ねて作戦を練ります。

二人の方が戻って来られてしばらくお話をします。お二人とも感じのいい方で、少しの間でしたが楽しい時間を持てました。
ありがとうございました。

午後になってから、プレッシャーの少なそうなエリアへ入ろうと歩いていると知人が車で登場。少し情報をもらいます。彼は午前とは別のエリアへ行くそう。頑張って!

午後の部を開始してから3時頃、そんなに深くはない、幅のあるフラットな瀬に来ました。中央ほどに石があって、その下流の流れが周りとあきらかに違っています。もしかして?と思い、キャストすると大きなマスが全身を現してフライを食いました。こんなところにも大きなマスが入っていたのです。
しばらく上下に走りましたが、下流へ走った後、フライが切れました。キャストする前にフライを結びなおしていたのに・・・
考えられる僕のミスは「自分が下流側へ立って、マスを上流側から掬う」ということができなかったことです。ライン処理が上手くできずに、すばやく下流側へ移動できなかったのが最大のミスでした。

マスの大きさは35~40センチくらいに見えました。

そして4時頃、小さなプールの流芯で写真のマスが出ました。大きくないポイントなので、1投目から流芯を狙います。掛かった後、強い力で走ります。今度はミスは許されません。ネットに入った時は「本当に嬉しかったです!!」。

大物はどこにいるか?
大きなプールにはもちろん大物がいるでしょう。流れが絞られるあたり、その上の流れ周辺、両脇、落ち込みの脇、左右のマキなど狙うポイントはたくさんあります。しかし、大きなプールでは日中、ドライ・フライには反応が低い場合があります。ウエットなどで攻めるのもいい考えです。

遡上魚がいる川では、大場所以外にも気を配る必要があります。ちょっとしたポイントにも巨大魚が休んでいる場合があります。今までの経験からすると、ほんのちょっとした変化がある場所なら狙って損はないと思います。

例えば・・・●一面フラットで浅い場所(釣り人が歩くところ)でも石があったり、少し深くなっている場合は狙ってみます。その流れが白泡に覆われていればなおチャンスがあります。
●岸際もあなどれません。上の僕の写真の対岸を見て下さい。顔の右側あたりが手前より少し深くなっています。石もあって周りより少し深くなっていますね。必ずここにいるとは限りませんが例えと思って見て下さい。おかしいと思ったら1投してみます。
この写真の向こう岸は草などがあります。これがもっと多くて水面にかぶさっていたり、岸際がえぐられたようになっていて、少し深くて影ができていたら迷わずキャストします。例え、深い流れの幅が30センチくらいしかなくても狙う価値は充分あります。流れの深さが周りより少しでも深ければ可能性があります。

こう書くと、どこもかしこもポイントに見えて、釣りにメリハリがなくなり、前へ進めなくなりそうです。馴れない内は経験と思っていろいろキャストしてみます。その中から絞っていけば徐々にメリハリが生まれてきます。キャストも1投でいいわけですから、正確性を磨きましょう。

もちろん、瀬の中にも大物がいます。一番可能性が高いと言ってもいいでしょう。ガンガン瀬の白泡の下にもいます。比較的浅い瀬でも、周りよりちょっと深いとか、石が入っているとかすればそこを狙ってみます。
強く深い瀬でも、周りより少しでも遅いスジがあれば狙ってみます。いろんな見方をしてやってみることがいいでしょう。


今週末は北陸の渓流でスクールをしますので、この川は今日が最後かもしれません。
大きなミスもやってしまいましたが、きれいなマスを釣ることができ、感謝です。
今年も楽しく遊ばせてもらいました。

DSCF1467.jpg
みなさん!今年の木の葉の色、気になりませんか? 9月だというのに黄緑色です。
素人考えですが「マイマイガの幼虫にほとんど葉を食べられてしまったので、もう一度葉を出したのではないでしょうか?」
黄緑色に見える葉は「2番芽」かもしれません。

あまりマイマイガに食べられなかった「リョーブなどの木」は葉が濃い色をしています。

花は咲いたのか?実は付くのか?どうなんでしょう?




tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

有終の美を飾る尺上さすがですね。
柚木さんも御存じの同僚のIさん他、岐阜釣友2名も入られた様ですが、ひょっとした逢ってたりしてね(笑)

No title

昨日はありがとうございました
やってみたい事も出来たので、これは今シーズンもう一度行かなくては!


そういえば、予想通り、夜中に両脚がつって目が覚めました(笑)

ハシモ様

終盤なのでたくさん来ていましたね。
二人組みの若い方とは少し話しました。

たぶんこれが最後となるでしょう。

MK@YUKI様

お疲れ様でした。
もう一度やってきてください!
僕は足はツリませんでした。

No title

おつかれさまでした!
私もあのあとおかげさまで30センチジャストほか良型をゲットできました。なんと全部居着きのアマゴでこれもまた最後を飾るにふさわしい釣果でした。足下からヨンマルも逃げていきましたよw 
今年も大安ですね。また顔出させていただきます。

ちゅう太郎様

昨日はありがとうございました。
楽しい釣りができたようですね!良かったです。

まだまだ自分の釣りをレベル・アップさせる必要を感じています。
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード