渓流フライで一番大事なこと

それはキャスティングです。狙ったところへ1投目に正確にキャストできるか?トラブルなくキャストできるか?ドラグを防いである程度流せるか?また、フライを動かして誘うとしても、思いのままコントロールできるようにキャストできているか?風や障害物をクリアできるか?利き手側だけでなくオフショルダー(反対側)でもキャストできるか?

これは「ロング・リーダーでもショート・リーダー」でも同じです。きちっとキャストできることが大切です。

他にも大切なことが色々ありますが「キャスティング」が一番重要だと思います。今までのスクールでもほとんどの方が「キャスティングの大切さ」を実感してもらっています。

DSCN0237a.jpg

キャスティング以外の大切なことは・・・「ポイントの見極め」、「アプローチ」、「トラブル防止」、「状況判断」、「他の釣り人への配慮」でしょう。

ともすると「ロッドは?ラインは?ティペットは?フライは?」となりがちです。もちろん、これらも追求すべき大切なテーマです。個人的な遊びなので自由に楽しくやるのが一番ですが、最も大切なことは何か?ということを理解されると、もっともっとフライ・フィッシングが楽しくなるかもしれません。

スクールのお客様を引き合いに出して恐縮ですが、レッスンを受ける前は「モチベーションが下がっていた」が、スクールを受けて「楽しくなった」方が多くみえます。彼らの多くが「キャスティングの面白さ、大切さ」に気付かれたようです。僕のデモを見て「衝撃」を受けた方、「ドラグがずーっと掛からずフライが流れていくこと」、「一連の釣りの流れのスムースさ」に驚かれた方も少なくありません。自分は今まで何をやってきたのか?やるべきテーマが見つかって、練習を重ねてキャスティングの面白さに気付き、釣りがものすごく楽しくなってきたという方が多いです。

キャスティングをその場で「指摘」された時は「パニックになった」方もいました。今までの自分の釣りと比べて「訳がわからなく」なったのも無理はありません。でも後で冷静になって、自分がやるべき「テーマ」がはっきりしてくると、練習にも熱が入り、進歩が実感できると、またを目指す。モチベーションが戻ってきて、下がることはなくなりました。

「キャスティング」は他のどんなフライ・フィッシングでも一番大切だと思います。広い川でのライズ・フィッシング、ウエット、湖のストリーマー、クロダイのサイト・フィッシング、海での大きなフライを使ったキャスト、管理釣り場のマーカー釣り、スペイなどなど、狙ったところへ、トラブルなく、1投目に正確に投げられて、意図した操作ができること。

渓流ももうすぐオフシーズン、キャスティング練習に取り組むいいシーズンです。来季に向けて練習しましょう!

DSCN0202a_20120629195638.jpg

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール フライ・キャスティング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード