スクールのご報告

RIMG0166.jpg
「ヤマブドウ。今年はたくさん実を付けています」

少し遅くなりましたが最近のスクールを報告します。

7/27(月) Sさんのマン・ツー・マン・レッスン  メイン・テーマはキャスティング。ループを正確にしてフライから落ちるようにレッスン。手を添えて、理論を説明して覚えて頂きます。ポイントの説明を詳しくして、攻める順番やフライを落とす位置とピック・アップする場所をお話ししました。トラブル防止と処理のやり方も説明します。「課題が見つかったので練習します」と感想を頂きました。
次回のレッスンも予約頂き、スクールを終了しました。
ありがとうございました。

7/29(水) Yさんの3回目のレッスン。 石徹白で。突っ込んだ内容になりました。マスのいる場所(スジも含めて)のどのくらい上に落とすか?反応の違いによってフライやティペットなどをどう変えていくか?または変えずに、反応するマスだけを狙っていくか?
カーブ・キャスト、スラック・キャストの説明、ややこしいポイントでの攻め方(立ち位置、距離、後ろの確認、ライン処理など)。
上達しています!これからも楽しんで釣りをやっていって下さいね!ありがとうございました。


7/30(木)スクール・ミーティング。 Hさんのテーマは「倒木やブッシュ下へのキャスト」。Kさんは渓流フライの基本全般。

お二人ともレッスンの中心はキャスティング。安定したループを作る。Hさんは尖ったループ。Kさんは基本的なキャスティング。手を添えて説明します。理論も丁寧に説明します。
ポイントのどこへフライを落とすか?ポイントをどういった順番で狙うか?水の流れ、底石や深さとの関係、マスはどこに付くか?
ラインの処理、手での持ち方。
オフショルダー・キャストのやり方。木に引っ掛かったフライの外し方(全部取れました!お二人ともビックリ!)。

倒木やブッシュ下(奥)へのキャストは何度もデモをしました。尖ったループの作り方、ループを横にすれば比較的簡単に入ること、縦ループのワイド・ループはダメなこと、ラインやリーダーにも目を配っていないと下流の何かに引っ掛かるのでピック・アップに気をつけることも説明します。また、狙う角度も重要なので「アップ、サイド、ダウン」の選択もお話しします。

お二人ともキャスティングの重要性を認識され、これからも練習することを願ってスクールを終了しました。ありがとうございました。


RIMG0165.jpg
RIMG0167.jpg

tag : フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード