9/12(土)スクールの報告

今日のレッスンは中3の男子。大安TLで何度か釣りやキャスティングを覚えてもらった後、少し地元の渓流で遊んで、今回僕のレッスンとなりました。

場所は、彼が北陸の住まいなので、中をとって僕が良く行く渓流にしました。

水は少し増水してますが、クリアです。いつも入る区間には先行者がないのでここに決定。お父さんは車で待機するので、川へ入るのは僕と彼の二人。

お父さんから「渓流フライの楽しさを味あわせてやってほしい」と依頼されたので今日はそれをメインにやります。

まず、何といっても「安全第一」。歩きやすいエリアを選びます。

草を掻き分け河原へ出たところのポイントでまず僕がやります。すぐ2匹釣れました。彼はビックリしてるよう。
開けたポイントに出たところで彼にやってもらいます。狙うポイントを説明してキャスト。ほどなくフライに出ました。
キャスティングはちゃんとできるので、立ち位置や狙うポイントの順番などをアドバイスします。

フライへの反応は高く、ほどなくフッキングします。しかしバレてしまいます。出る、ノル、ノラナイ、バレルが続いた後、待望の1匹をキャッチ。彼は嬉しそう!握手をして祝福。

RIMG0173.jpg
「彼の最初の1匹」

昼までに4匹をキャッチ。数匹のバラシの他、フライに良く出ました。ノラない時やバレた時は彼もくやしそう。反対にきちっとフッキングできてキャッチした時は「やった!ちゃんと釣れた!」と声が出ます。

お昼休憩の後、午後の部。やはり反応良く、無事にレッスン終了。帰り道、彼から「楽しかった!」と何度も感想を頂きます。
彼の心の内はどんなものだったのでしょうか?今回の経験が将来に生きてくれると嬉しいですね。

彼にアドバイスしたこと・・・ポイントはどこか、狙うスジ、ライン・リトリーブ、合わせ、ピック・アップ、次のキャストへ移る時のやり方、フォルス・キャストをゆっくり大きく行う、川の歩き方(安全面とマスを驚かさない)、ブッシュを歩く時のロッドの持ち方、川で人に会ったら挨拶をするなど。

tag : フライ・フィッシング・スクール ロール・メンディング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

イイですね。 
未来の腕利きフライフィッシャーの誕生かもしれません。 

私もそんな齢に釣りを始めたかったなあ。

blue様

僕がフライを始めたのが29歳。アウトドア仲間の影響でした。
子供の頃にフライを始めるには家庭環境がキーでしょうね。

彼は今回の経験がたくさん記憶に残ることでしょう。そうあって欲しいと思います。

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード