37センチのアマゴ

RIMG0255_201604201558297f9.jpg

RIMG0256.jpg

午後1時30分頃、ポイントに着いて待っていると、瀬の中でライズが出ました。この時期に出ている「オオマダラ」のスペント・フライ(10番)を結んでキャストすると食べてくれました!

下流のヒラキまで引っ張っていったアマゴは37センチの立派な体形をしています。思わず叫んでしまったほど嬉しかったです。

河原は隠れるところがないので、45度アップの位置にしゃがんでキャストしました。ティペットは5Xです。

RIMG0092.jpg

tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

お~っ!おめでとうございます^^。
ねばった甲斐がありましたね。
ものすごい体型をしています。

ところで重要な発見をしました。
柚木さんが3/2に釣って載せられた尺アマゴと朱点やその他の模様がかなり似ています。
写真を並べて載せてもらうともっと分かりやすいのですが・・・
たぶん同じ個体と思われます。
同じ魚だとしたら7週間で6cmくらい体長が伸びてる。
体重は推定1.8倍くらいになってるかも。

No title

ありがとうございます。
ほとんど「運」で釣れたようなものです。

ご指摘の件、同じアマゴですね!朱点が同じです。短期間にこれだけ大きくなるものなんですね!

さすがですね。僕なんか何回行っても 釣れません。

こんにちは、努力が実りましたね。
すごいですね。まさかこんなに大きくなっているなんて思いませんでした。
また釣り場でよろしくお願いします。

3度目の大物キャッチおめでとうございます。 まさに粘り勝ちですね。
まさか7週間で5cmも大きくなるとは思いもしませんでした。
残り少ないマッチザハッチの期間、他の方達にもこの感動を得るチャンスを与えてあげて欲しいものです。

関戸様

ありがとうございます。ほんとに運が良かったんだと思います。

23日にも釣れました

K君と昼頃、ポイントに着いておしゃべりしていると瀬の中でライズを発見。流芯の向こうなので横の位置にポジションをとってキャスト。フライは前回と同じく「オオマダラ・スペント」。上流側へリーチぎみに落として流すこと数回目、フライがすーっと消えました。合わせるとボトムで動きません。一瞬根掛かり(?)と思いましたがテンションを緩めずにいると、少しずつ上流へラインが動きます!

水面へ上がったのはアマゴでした。その後、50mほど引っ張られてドキドキの末キャッチしたのは、先日と同じ魚です。

こんな経験は初めてです。アマゴちゃん、ごめんなさい。

No title

Kです。皆さん,はじめましてm(__)m
柚木さんのアプローチからランディングまで間近で観ておりました。同じ時間を共有できて,素晴らしい魚を観れて幸せです。いつか僕も釣りたいなぁ。ニジマスくんなら遊んでくれるのですが(笑)
体高があってお腹ぽってり。水中でたくさん虫を食べてるのでしょうね。水面付近まで存在を示すのはまれの様です。その時を逃さず釣る柚木さんはさすがです。
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード