7/1(金)スクール/課題を克服

Yさんの今年2回目のレッスンを石徹白川で行いました。

水は5センチほどの増水ですがクリアです。10時頃からゆっくりレッスン・スタート。
テーマは「まず1匹」。そして「キャスティング」、「ドラグを防ぐ」。

最初は広いプールでキャスティングのおさらいから。
①バック・キャストのポーズが不十分。前に少し動きます。
②フォワード・キャストのスタート時にグリップが少し下がります。
③フオワード・キャストの終わり近くに腕が外側へねじれている(真っ直ぐ振れていない)。
④キャストにスピード感が不足。加速&ストップを意識するといいですね。
これらを理論を説明しながら、手を添えたりして覚えてもらいます。

その間にも近くでライズがあります。実釣開始。
狙う場所と順番を説明します。右利きで流れが左側にあるのでオフショルダー・キャストになります。キャストは馴れていますね!

フライへの反応は良いですがフッキングにいたりません。

休憩のあと別のポイントへ。
フライがきれいに流れると釣れます。短い時間で2匹がネット・イン。
反対にフライにすぐドラグが掛かったり、ドリフトが良くないと見に来るだけだったり、バレたりします。フライが落ちた瞬間には出ません。フライをじっくり見ている感じがします。

ドラグを防ぐ方法を説明します。
ポイントを把握する。キャスティングを正確に行う。必要ならカーブやスラックを入れる。メンディングも説明します。
ポイントまでの距離、角度も考えます。

ライン・リトリーブも説明します。適切なラインのたるみを覚えてもらいます。理由もお話しします。

彼はここ石徹白がメインなので将来他の川へ行った時のために、いくつか違いをお話しします。
ここのマスは人に馴れているが他ではそうではない。
①アプローチを静かにする(音や陰に敏感)。
②1投目が大切。
③ピック・アップを静かにする。
④フライが落ちた瞬間に出ることもある。
など・・・

マスも釣れて、いくつかのテーマも大切さが実感できて、これからへのモチベーションがさらにアップしたそうです。
「楽しむ」ことを基本に、自分の好きなスタイルで進んでいくと話されました。

次回もとお話しされてレッスンは終了しました。
ありがとうございました。



tag : フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード