12/6 員弁川・ニンフに替えてみたら・・・

昨日見せて頂いた釣りに影響を受けて、ニンフでやってみました。
仕掛けは・・・ティペット4Xを2m,マーカーを付けます。フライはダーク・オリーブのマラブー・ニンフ。ショットを一つかませます。
ポイントは深いプール。タナを1.3mにします。

流れ込みの横の緩い流れにキャストしてゆっくり沈めてみます。
数投目にアタリがきました。これは途中でバレます。
すぐに次のアタリがきました。良く引いてすぐには上がってきません。50センチでした。
RIMG0652.jpg

2匹ほどバラした後にこのマスをネット・イン。
RIMG0654.jpg

また、数匹バラした後に下のマスがきます。
RIMG0650.jpg

このポイントでは10匹ほどフッキングしました。でも7匹バラしています。何かが間違っているのでしょう。

別のポイントに移動。深い瀬の緩い流れを狙います。
1匹バラしました。

また別の深い淵に移動。
1匹掛かりますが又もバラシ。

フライは同じ色で通しました。タナを深さに応じて変えました。

ニンフにしたら、こんなにも反応が違うものなのか?ビックリです。

バラシが多かったのは反省点です。
●流し方、タナ、ティペットの太さ、フライ・サイズ、やり取り(ロッド・ワーク)などが考えられます。追い合わせはやっています。

今回は特に勉強になりました。

tag : フライ・フィッシング・スクール フライ・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード