12/31 員弁川スクール、ドライに出る!

HさんとUさんをお迎えして員弁川でレッスンを行いました。
ウエットを中心にして攻め方などを説明していきます。
キャスティング、プレゼンテーション、ライン処理、ロッドの角度、攻め方などをデモも交えて説明します。

ウエットといえども「ナチュラル・ドリフト」が大切なのでそのやり方を説明します。

午後になって瀬をやっていると・・・!!!ライズが出ました。しかも続いてあります!
急きょ、作戦を考えます。二人ともドライの仕掛けに交換。
ライズの下流側に回ってアップに攻める態勢をとります。
次のライズを待って、その場所を覚えます。ライズと同じスジの少し上にキャスト。
二人で交代にやりますが反応が出ません。

少し間をおいて考えます。出した結論がフライのサイズ縮小。流れている虫はほとんどがストーンのアダルト。
Uさんがグレーの16番を結んでやります。
ライズしたレーンにフライが流れると・・・「ゆっくり」とフライをくわえました。
ファイトしながら50m以上下って無事ランディング!
おめでとうございます!

RIMG0006.jpg
RIMG0008.jpg
RIMG0009.jpg
RIMG0010.jpg

風もなく、寒くない状況で虫がたくさん出たのでしょう。しかもほとんど同じ虫だったことも上の状況を生んだのでしょう。
大晦日の日にこんな状況に出会えたことを3人で喜びました。

その後も場所を移してウエットの釣り方、プレゼンテーションのいくつかのやり方、ポイントの見方とそれに合わせた釣り方などを説明しました。

3月からまた解禁です。
ありがとうございました。

tag : フライ・フィッシング・スクール フライ・スクール 員弁川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

昨日はありがとうございました。色々勉強になりました。またよろしくお願いします

Hさん

こちらこそありがとうございました。
お久しぶりだったので非常に楽しかったです。
また、何でも良いのでご連絡ください。
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード