員弁川、どこのポイントを狙うか?

ウエットなどで狙う場合を考えます。
「瀬」
①流れ込みの両サイド・・・早く流れている瀬の横に少しでも深い場所があればマスがついている場合があります。
その深い場所が例え30センチほどの幅でも可能性があります。深さも30センチあれば十分です。
②強い瀬と緩い流れの境目・・・ここが一番可能性が高いです。境目の緩い側を狙います。
③強い瀬の中のスリット・・・瀬自体がものすごく強くても、その中に石による少し波の低い流れがあればマスがいそうです。
④瀬の終わり・・・早い瀬が緩くなるところ。カケアガリになっていたり、深くなっていたりします。
⑤流れの合流点・・・複数の流れが合わさるポイントは絶好の場所です。
⑥適度な流れの瀬・・・深さもそこそこあれば十分マスがいそうです。

他には深いプール、堰堤の下、テトラ周りなどがあります。

tag : フライ・フィッシング・スクール 員弁川

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード