しばた和著「渓流フライフィッシング」

2000年にアテネ書房から発売された名著です。
今、読み返していますが改めて勉強させられたり、納得したりしています。

しばた氏の一番言いたいことは「ニュートラル・ポケット」を釣れ。ということです。
深さや流速などからマスが付くであろう場所のことを示唆しています。
写真や図を使って細かく説明されていますのでわかりやすいです。

しばた氏も言っています。「キャップやウェア等が太陽の香りと汗の匂いで、アングラーらしくなったとしても、リリースの手つきが優しくなったとしても、流れを知らずにFFをやっていたのでは、いまいち楽しみがたりないのではないのだろうか・・・」

僕のスクールのテーマは「スマートな釣り」ですが、もうひとつのテーマが「流れを読んでポイントを理解し、1投目できちっと釣りをする」というものです。
しばた先生の言葉を僕の自信にしてこれからもやっていこうと思います。

tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード