FC2ブログ

ポイントの攻め方

渓流のドライフライでポイントを攻める時の一つの考え方として参考にして下さい・・・順番が前後しますがお許し下さい。

①・・・釣り上がって行く時、すでに流したポイントまでフライを流さない。
②・・・大物がいそうなところを優先するか、順番に攻めていくかのどちらかを選ぶ。
③・・・1投目を大切に。
④・・・ドラグをとにかく防ぐ。
⑤・・・どこにフライを落としてどこまで流すかを考える。
⑥・・・ポイントに、流すスジはいくつあるか考える。
⑦・・・アマゴ、ヤマメは瀬を狙う。想像以上の早い瀬にもいますよ!
⑧・・・マスはどこにいるか?を考える。
⑨・・・同じスジに流す回数は通常は1回。時々2回。
⑩・・・狙った所に正確に落とす。目安は30センチのマルの中。
⑪・・・自信がなければ「テスト・キャスト」をする。手前側のマスに影響を与えない場所で距離を測る。
⑫・・・フォルス・キャストは少なく。1~2回でキャスト。
⑬・・・フォルス・キャストはポイント方向から少しずらす。
⑭・・・フォルス・キャストはポイントより手前で行う。
⑮・・・対岸の「マキ」は逆向きに流れています。
⑯・・・流心のすぐ横を攻める。
⑰・・・フライから落とすことを心掛ける。
⑱・・・横に合わせるといいと思います。
⑲・・・カーブ・キャスト(Uの字キャスト)をまずマスターしたいですね。
⑳・・・キャストごとの歩く距離を考える。
㉑・・・ポイントへどのくらい近づくか?
㉒・・・ピックアップ(打ち返し)はポイントを過ぎてから。
㉓・・・ピックアップは静かに行う。いくつかの方法があります。

理由
①・・・すでに流しているので出る確率は低い。自分の近くまでフライが来てしまうので次のキャストがやりにくい。時間が掛かってしまうし、効率も悪くなる。リズムが悪くなる。
②・・・ポイントにもよりますが自分の釣り方を決めます。手前で小物を逃がすとポイント全体がつぶれることがあります。
③・・・1投目がとても大事です。1投目が一番良く出ます。正確に投げられるように努力します。雑なキャストをしないようにしましょう。
④・・・ドラグを防ぐのはとても難しいことです。キャスティングの技術を磨くことと共に、ポイントの流れを良く見るようにします。ドラグが掛かるとマスはフライを上手く吸い込めません。また、プレッシャーを与えることになります。
⑤・・・どこにマスがいるか?を予想します。それの上流へフライを落とします。おおよそ1mほど上流です(勿論、流速と水深とマスのいる深さで変わります)。マスがいるであろう場所の少し下流までフライを流します。フッキング率を上げるのが目的です。マスは下流へ追い食いすることもあります。そこまでドラグを掛けずに流します。3mも4mも流そうとしないことです。ドラグが掛かるし、正確性も下がります。
⑥・・・幅の広いポイントはフライを流すスジが複数あります。水深などを考えてスジを見ていきます。
⑦・・・大きな、体力のあるマスほど強い流れに入ります。エサがたくさん流れてくるからですね。
⑧・・・スジや水深、流速などの関係もありますが、虫の量、天候、時間、陰なども考えていきます。時合が来るとマスは場所を動くことがあります。
⑨・・・1投目に上手く流せれば普通は反応するもの。出なければマスはいないと思っていいくらいになりたいですね。あやしいポイントは複数回流すこともあります。1投目に出ないこともあり得るからです。
⑩・・・フライに出やすくなるし、ドラグも掛かりにくくなります。マスへのプレッシャーも減ります。
⑪・・・特にブッシュや木の下など。みんなが狙いにくいポイントは大物がいそう。まず、手前側のプレッシャーの掛からない場所へ投げます。ポイントまでの足らない長さを見て、次のキャストでラインを伸ばしてポイントへ投げます。注意したいのはループの形をいつも同じにすることです。そうしないと距離が狂うからですね。
⑫・・・まあ、多少は多くてもいいのですが、少ないほうがいいですね。1日やっていると疲れるし、マスにプレッシャーを掛ける恐れもあります。
⑬・・・マスに気づかれないようにするためです。角度は少しずらす程度でいいでしょう。ずらす方向はポイントの外側。ポイントの中心方向は避けます。また、太陽の角度も考えます。影が映るからです。ラインの音も考えます。ラインに付いた水のしぶきも考えます。
⑭・・・これもマスに気づかれないようにするためです。プレゼンテーションでポイントまでのラインを出してキャストします。フォルス・キャストが少ないほうが良いという根拠がこれらにありますね。
⑮・・・ということはマスは下流方向に頭を向けていることになりますね。そこへドラグを掛けずに頭方向から流すと大物が食ったりします。マキはドラグが掛かりやすいもの。工夫しましょう。
⑯・・・大きいマスほど強い流れのそばにいます。小さいマスは体力がないからです。ドラグが掛かりやすいのでカーブ・キャスト(Uの字キャスト)などを使います。
⑰・・・フライが後から落ちるほどドラグが掛かりやすくなります。ラインやリーダーが先に流されていくからです。サイド・キャストを使うとフライが早く落ちるようになります。カーブ・キャストもやりやすくなりますね。
⑱・・・フッキング率も上がります。上に合わせると失敗した時に木に引っ掛かる場合があります。また、横に合わせるとマスが暴れにくくなります。
⑲・・・まずサイド・キャストします。ループが横になりますね?ターンオーバーしないようにすると、U字の形に落ちます。コツはキャストの後半でロッド・ティップを返さないことです。ループが伸びないようにする訳です。ループを「置きに行く」感覚です。カーブ・キャストを覚えるとドラグが劇的に減ります。カーブを掛けた状態でフライが狙った場所に落とせるように練習します。カーブ・キャストをマスターしたら「スラック・キャスト」を練習します。
⑳・・・長いポイントの場合、仮に下のポイントを2m流したら、次の上のポイントへは2m歩きます。1m流したら1m歩きます。1歩づつ歩くのは普通はしません。
㉑・・・できるだけ近いほうがいいです。マスを驚かせない距離を覚えましょう。自分の技術が許せば離れていたほうが有利とも言えます。また、強い流れの向こう側は比較的近づけます。
㉒・・・ピックアップをポイントの中で行うとマスがビックリします。落とす場所を間違えたりしても、すぐにピックアップせずにそのまま流して、ポイントを過ぎてから行います。
㉓・・・バシッとピックアップするとマスがビックリします。スーッと行うか、「スパイラル・ピックアップ」や「スネイク・ピックアップ」を使うと良いでしょう。








tag : フライ・フィッシング・スクール ポイントの攻め方

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード