FC2ブログ

渓流フライのティペット

僕が普段通っている二つの渓流で使うティペットは4Xと5Xです。大物の可能性が高い川は4~5X、もう一方は5Xです。
6Xを使うことはほとんどありません。
大物のいる川は幅も広いですし、流速も早いところもあります。太いほうがキャストしやすいし、大物が掛かった場合、早く取り込めます。マスにダメージを与えにくいです。
もう一方はアベレージが22~3センチほど。時に大きいのが出ます。広く緩いプールもあります。

よっぽどのことがない限りティペットを細くすることはありません。ライズがあって小さい虫が集中する、緩いプールでライズがあって陽が当たっている、釣り激戦区の川で釣りをする、場合などは変えることもあります。ハネアリなどが集中流下する場合があります。その場合はフライ・サイズに合わせてティペットを細くします。

良く、「ティペットを見切られる」といいますね?一昨日もNHKの釣り番組(東北でフライ)で言ってました。時と場合、場所によってはあり得ます。しかし、通常の渓流ではあまり神経質になる必要はないと思います。理由は・・・●水面が波立っていることが多い●普段からプレッシャーが低い●マスは普段食い気が高く、水面もやる気高く見ている。

大切なのは「フライから落とす」ことです。1投目に正確に落とす。理想は「フライ」を先に見せることですが、ドラグを掛けないことです。
ティペットが細く長いと、落とす場所の精度が下がる恐れがあります。また、風の影響も受けやすくなります。
自分が投げられるシステムを追究したいですね。

僕の場合はティペットの太さよりも、正確さ、ドラグの回避、1投目の集中などを心掛けています。

tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流フライ・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード