FC2ブログ

渓流でのメンディング

僕が渓流で使うメンディングは・・・「ロール・メンディング」、「縦メンディング」、「ラインの曲げたい部分を曲げるメンディング」などです。
普段はメンディングはあまりしません。カーブやスラック・キャストで落とすのでそのままポイントを流し切ります。ほとんどこれで済ませます。必要だなと思った時だけ上記のメンディングをします。

「投げてからメンディングで曲げる」なら、最初からその形で落とせばいいでしょう。それが難しい時だけ後からメンディングを入れればいい訳です。
良く見かけるのが・・・投げた後に決まって「ちょんと」小さくメンディングする場合です。せっかく曲がって落ちているのにメンディングをしたがためにティペットなどが伸びてしまいます。勿体ないですね。
メンディングの目的を再考したいですね。ドラグを防ぐのが最大の目的です。

ロール・メンディング(ロール・キャスト・メンディング)」は結構多用します。早い流れの向こう側を流す時、早い流れの向こう側のマキ、ドラグが掛かりそうになる前にラインを置き換える、などです。

メンディングで注意したいのは、上にも少し出てきましたが「ティペットやリーダーのタルミが減る」ということです。ラインの自分側の部分を曲げる意識を持ちたいです。メンディングをしたためにティペットなどが伸びてしまうのは避けたいです。ただ、わざとフライなどを動かすメンディングもあります。

tag : フライ・フィッシング・スクール ロール・メンディング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

渓流における釣りに関して大事な考え方、アドバイスばかりですね。 
どれも意識しなくてはと思います。 
それらを踏まえて実践で確認したいこともありますが、ちょっと膝を痛めていて、完全に壊れてしまうと仕事にも差し支える為川に出るのを控えています。 
痛みは引きつつあるので、もう少し回復したら意識しながら釣りをしてみます。

ありがとうございます。

お体を大切にして、ゆっくりやってください。
柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード