FC2ブログ

7/16 渓流ガイドしました。

先日に続き、Kさんを今回は別の渓流にご案内します。
9時からスタートしますが、渓相が先日の大水で一変しています。
今日の水面の2m上まで水が来たことが見てわかります。
多くの瀬やプールが浅くなっている反面、大きなプールが新しく出来ているポイントもいくつかあります。

彼はここがほぼ初めてのため、マスがどの辺りにいるのか?どこをどのように攻めていけばいいのか?を中心に説明していきます。
また、大きな遡上マスの可能性もあるので、それもお話ししていきます。
そして・・・その可能性の高い瀬に来ました。
●どのスジを流すか?
●どこへフライを落としてどこまで流すか?
●流れと同じドリフトをする。
●フライは大きめのモノを使う。
などを説明してからやって頂きます。そして、数投目!下のきれいなマスがフライを食べました。
20mほど下流へ引っ張られた後、無事ランディング。「ドキドキした!」と感想が出ます。
本人の感想とは別に非常に落ち着いた見事なシーンでした。
二人で喜びを分かち合います。
RIMG0042_201807162218182ad.jpg
「遡上ヤマメ。30センチ」 大きなヒレと銀化した魚体が特徴。

マスの反応は良いです。水量が落ち着いてマスたちの食い気も高いのでしょう。

RIMG0044_20180716221818611.jpg

彼の了解を得て、僕もやらせてもらいます。深めの瀬を流すと下のマスが元気に出てくれました。流線型の、尾の付け根の細いきれいなヤマメです。
RIMG0045_20180716221817678.jpg
「遡上ヤマメ。28センチ」

大きなプールに来ました。
横で彼の釣りを見ていると、「イワナが見える」と言います。下流側の「カケアガリ」に尺を超えていそうなイワナがいます。
緩い流れなのでイワナの上流に静かにフライが落ちます。ゆっくり流れてイワナの近くへ行くと、スーッと上がって来て静かにフライをくわえました。合わせは「遅合わせ」です。今回も一連の動作が見事でした。

RIMG0048_201807162218175ad.jpg
「33センチのイワナ」

彼のこの川の印象は「ポテンシャルの高い渓流ですね」というものでした。
「楽しかった!」というお言葉も頂き、2回目の「渓流ガイド」を終了しました。Kさん、ありがとうございました。

tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード