FC2ブログ

8/7 naruさんと釣りに。

午前7時半からスタート。阿吽の呼吸でポイントを交代しながら釣り上がっていきます。
僕のタックル・システムは・・・4番ロッド、18フィートのリーダー&ティペット、5X。フライは11番のパラシュート・カディス(茶&グレー)のみを使いました。
RIMG0078.jpg


8時を回ったら反応が出始めます。
深さのある緩い流れから良型のマスが食ってきました。しかし、残念ながら途中でバレてしまいます。

RIMG0071_201808072036148d1.jpg
「naruさん、かっこいい!」

9時頃、深くて大きな淵の流れ込みで大きなマスがバシッと出ましたが、僕の合わせが強かったようでフライが切れてしまいました。
下手くそです!

RIMG0074.jpg
「36センチのヤマメ。良く引きました。」

RIMG0076_20180807203613eb6.jpg
「上のヤマメはこの瀬で来ました。どちらかと言えば小さなポイントです。深さもそれほどでもないのですが、こういった場所にも大物が着くということですね。赤線のように流して丸のところで割と静かに食ってくれました。アマゴやヤマメは瀬を真っすぐ流すことが大切です。」

RIMG0077_20180807203613e8a.jpg
「26センチの遡上ヤマメ。このマスも幅2m,長さ2m、水深50センチ程の瀬から食ってきました。」

今日の僕は(いつも割とそうですが)ヤマメやアマゴを狙ってポイントを打っていきました。深いプールや瀬はもちろん、周りより少しでも深い瀬。長い瀬ばかりではなく、1mほどの長さの瀬も狙っていきました。
白泡の出ている流れも打っていきます。それの両サイドも真っすぐ流れるように狙っていきます。
こういったポイントを狙うためもあって、大きなフライを使う訳です。
見つけてもらうことも重要ですから。
大きいからといってフッキング率が下がることはないと思っています。
36センチのヤマメもフライが口の中に入っていました。



tag : フライ・フィッシング・スクール 渓流スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

今回も大変勉強出来ました。

ありがとうございます、またお願いします


自分のブログも久しぶりに更新しました

こちらこそありがとうございました。

楽しかったです!
またお願いします。
柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード