FC2ブログ

員弁川/ウエットでもロール・メンディング

流れを釣り下りながらキャスティングする時、ロール・メンディングを交えてフライを流していくといいと思います。

目的・・・フライをちょっとでも沈めて流したい。フォルス・キャストを減らしたい。ナチュラルに流れる時間も取りたい。

やり方
①・・・ラインをリールから余らせて持つ。
②・・・シングル・スペイ・キャストをする。
③・・・キャストの終盤でリーチ・キャストを上流側へ行う。
④・・・この時、余っているラインがロッドに入るようにする。
⑤・・・ロッドを立てて、フライが流れているレーンの上流側へロール・キャストをする。

*・・・フライを落とす時、なるべく強く落ちるようにキャストする。
*・・・ロール・キャストする時、フライやリーダーなどを引っ張らないようにする。

フライやリーダーの上流側へラインがたるんで落ちるので、フライが沈んでいきながら流れていきます。
スイングせずに真っすぐ流したい時は、リーチ・キャストをもっと上流側へもっていきます。ラインを送り出すようにすれば長い距離を真っすぐ流せます。

シングル・スペイなのでフォルス・キャストをする必要がなく、スムースな釣りができます。

普通にフォルス・キャストをしてフライを落とすと、ティペットやリーダーなどにタルミが少ないのでフライが沈みにくくなります。
リーチ・キャストを用いてもタルミに限度があります。
プレゼンテーションの後にメンディングをしてもフライは思うように沈んでくれません。
表層を狙う時以外は上記のテクニックをおススメします。

フライを沈める方法は他にもありますね。
シンク・ティップを使う。シンキング・リーダーを使うなど・・・
員弁川のようなスケールの川ではフローティング・ラインを使ってのウエットが丁度いいような気がするのです。
そのためにも上記のようなテクニックを身につけたいものですね。






tag : 員弁川 ロール・キャスト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード