FC2ブログ

2/17 カーブ&スラック・キャストのレッスン

Uさんのレッスンを川で行いました。
まず、最初に真っすぐ水面に落としてもらいます。真っすぐプレゼンテーションできると、カーブ・キャストなどが正確になるからです。

少しねじれるのと、フライが後から落ちるので、これを直します。
原因と直し方をしばらくやったら良くなりました!

さあ、まずカーブ・キャストの練習です。
二つのカーブ・キャストのやり方をお見せします。僕が普段やっている方法を選んで下さいました。
まず、僕が見本をお見せします。ノーマル・サイドとオフショルダーもやります。

次に理論をお話しします。
ラインを引っ張ってきて、ループを作り、それを伸ばさずに水面に置くやり方です。
キャストの途中で「抜く」やり方を説明します。ロッド・ティップを返すと「ターンオーバー」して、フライやリーダーが伸びてしまうからです。
時間を掛けて練習してもらうと、段々と上手く落ちるようになりました。
逆サイドも練習します。

やり方を覚えて、繰り返しの練習が必要ですとお話しします。

次は「スラック・キャスト」です。
デモ・キャストをします。
これも「理論」をお話しします。
バック・キャストを高くして、ポイント方向にループを持っていきます。
ループの先端が「リーダー」になったところで水面に置きます。
そうすると、その先はターンオーバーしないので「固まって」落ちます。
左右にループを傾けることもお話しします。真上から落とすとフライが絡む可能性があります。

これも程なくできるようになりました。

「面白い!」と言って頂きました。
いろんなお話しもできました。
Uさん、ありがとうございました。


tag : フライ・フィッシング・スクール キャスティングスクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード