ロング・ティペット・リーダーを作る

先日、フライフィッシャーさんとの取材の時、リーダー&ティペットが少し具合が悪かったので今日、なおしてみた。
まず、バットをもう少し太くした。元は5Xのリーダーのバットだったので3Xリーダーのバット相当の太さのモノフィラを3フィート継ぎ足した。そこから元の5Xバットになっていき、順番に細くしていきます。

全長は18フィート前後になります。ティペットを長くとれば20フィート前後になります。

僕の場合、市販のリーダーをそのまま使うことはありません。いつのまにか手作りというか、手直しリーダーになりました。その為結び目が5個前後あります。結び目のメリットはターンオーバーが良くなると思っています。反対にデメリットは・・・クモの巣が付いたら取りにくい。それだけです。

リーダーはバットや太い部分にコイルが入るまで使います。


V字にティペットを曲げる方法ですが・・・

まずライン・スピードを早くする。・・・そうするとループ先端が尖り、Vの形になります。この形で斜めに投げればV字で落ちます。

次にリーダーとティペットに太さの差があると、又はティペットが長めだとV字になり易いと思います。

そして、これが一番の要素だと思うのが「バンブー・ロッド」に代表されるトルクのあるアクションがV字を作り易いと思います。

U字形ならライン・スピードを上げる必要がないからです。
両方の形を使い分けできるといいですね!

tag : フライ・キャスティング 渓流 ロング・リーダー

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード