FC2ブログ

11/5 員弁川でSさんと・・・

朝、起きるとSさんから電話が。
ポイントをご案内して、最初の場所でいきなりアタリが出ました。しかし、ノリません。
それから、あちこち釣り歩いて夕方に同じ場所に行きます。
すると、下のマスが釣れました!

IMG_0071.jpg

彼は員弁川が3回目でとても嬉しそう!
ありがとうございました。

僕がウエットで心掛けていることです。
●一歩もしくは半歩ずつ歩いて下る・・・マスにフライを見つけてもらうためです。前提として同じラインの長さを保ちます。
●両手でラインを余らせて持っています。両手共握らず、手に乗せているだけです。・・・食った時に抵抗を無くすためです。
●フライを沈める方法の一つ・・・リーチ・キャストで自分の近くにフライを置きます。そこからロールキャストでラインをフライと同じすじに置きます。そうするとラインがたるんでいるのでフライが沈みやすくなります。
●フライを沈める方法のもう一つ・・・プレゼンテーションを弱くしない。フライから落とします。ちょっとでも早くフライを沈めたいですからね。
●強い流れの向こう側を真っすぐ流す方法・・・少し遠い流れで使います。カーブ・キャストで落とした後、すぐに上流側にロールキャスト・メンディングを入れます。1回でダメなら複数回入れます。アタリはわかるの?とかフッキングできるの?といった心配が出そうですが、以外と大丈夫ですよ。
●流し終わりに近づいて来たら、フライを動かして誘います。リトリーブしても良いし、ロッドを振ってもいいでしょう。





コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは。
前回、今回とご案内、サポート頂きありがとうございました。
お陰で楽しい釣りができました。
年内に何とか結果が出ればと思っていましたが
こんなに早く釣ること(釣れせていただく)ができ感謝いたします。
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- サードタイムアウト、ドック・ワトソン、など)、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード