メンディングについて

メンディング。渓流を始めた方はこのテクニックをいつもやらなければならないと思い、せっかくスラックが入ってるのにメンディングをした為にかえってドラグが掛かってしまう現象を何度も見てきました。

メンディングは必要ならやらなければなりません.

しかしメンディングしたときの形に最初から置けばいい時もあります。。また、スラックを掛けられればそれで済んでしまう場合もあります。

要はケース・バイ・ケースで置き方を考えていけば良いでしょう。メンディングしか対処方がなければ使えばいいと思います。

僕の場合はスラックを優先し、せわしないメンディングはあまり使いません。よく使うのはロール・メンディングです。アップ・メンディングも時々使います。

メンディングの種類は・・・アップ・メンディング、ロール・メンディング、エアリアル・メンディング、上流へラインやリーダーやティペットまでも置きなおすメンディング、反対に下流側へのメンディングなどがあります。

メンディングをする時の前提があります。それはリーダーやティペットに充分スラックが入っていることです。(いつもこうとは限らないですけどね)でないと最初に書いたような無駄が起こります。
充分スラックが入っているということはそれだけで済んでしまうポイントもあるということです。そうじゃない時だけメンディングを入れればいいのではないでしょうか?

メンディングをするのを見ているとタイミングが遅い方が多いですね。遅れるとラインなどが水流に巻かれてちゃんとしたメンディングになりません。また、繰り返しになりますがスラックが入ってないのにメンディングをした為にフライが動いてしまう方がいます。

ラインの手入れも重要ですね。良く浮くラインならメンディングもしやすいでしょう。

メンディングも大事なテクニックです。渓流を楽しもうと思えば避けて通れない技術でしょう。他の技術とも合わせ、マスターして状況に応じて使い分け出来るといいですね。

tag : 渓流 フライ・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード