風の対処

渓流でも風はつきもの。上下左右から吹きます。誰でも嫌ですよね。でも何とかしないとね。

上流から吹く風・・・ターンオーバーしにくいので仕掛けを短くする方もいるでしょう。でも考えてみて下さい。ターンオーバーしにくいということはスラックが入り易いということではないでしょうか?発想の転換ですね。そんな大げさなものではなくてもヒントにはなるでしょう。バック・キャストはラインが伸びるので、少し高めに上げて前方を下げて水面近くにもっていきます。そしてループの角度を左右どちらかに少し傾けます。あとはループのほどけ具合をコントロールして落とします。ライン・スピードの調節もしながらですので少し難しいですが・・・

左右から吹く風・・・風に流されて落ちる場所がずれます。それを予測してあらかじめその分を見越して投げます。これがコツです。また、ライン・スピードを早くして水面近くにもっていくのも大事です。体のどちら側からでも投げられるようにしておくことも重要ですね。

下流からの風・・・これが結構難しい。カーブやスラックが入れにくいからです。この場合もラインは水面近くにもっていきます。通常よりも深めのカーブや多めのスラックを心掛け、水面ギリギリで落とすことですかね?コントロール難度は超A級です。アンダー・ループでフライを先に落とし、それをアンカーとしてティペットなどを上流側にもっていくテクニックもありますが落とすポイントの精度があまくなります。また、杉坂氏の提唱する帆かけ舟スタイルもありますが馴れが必要です。いずれにしても下流からの風に対処できればチャンスはだんぜん多くなります。




tag : 渓流

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード