ブッシュの下への攻め方

006.jpg

今まで同行した方を見ているとブッシュの下を狙う場合、躊躇する人が多くみえます。
その原因はやはりフライが引っ掛かるのを嫌がることでしょう。また、正確に投げる自信が少ない(と思っている)のかもしれません。

でも、ブッシュや枝の下はマスが(それも時に大物が)いる可能性がすごく高いのです。躊躇する人が多いということはそれだけ攻められていない確率が高いし、そういった場所はマスが好む傾向が高いからです。

ではどうすると良いでしょうか。まず、そういったポイントを攻めることを怖がらないことです。じゃないといつまでたっても腕が上がりません。最悪、引っ掛かっても取りに行けばいいのです(渡れない所は仕方がないですが)。

次に、前の記事にも書きましたがループを大きくせず、せまいループ、先の尖ったループでサイド気味に投げることです。こういったループを投げられるようにしておくことも大事ですね。

そして、サイド気味に投げる時、ラインを水平にし、テイリングをしないで投げます。アンダー・ループで投げる時もあります。

又、テスト・キャストを使うこともあります。まず、狙うポイントの近くでマスに影響のない場所へ一度投げてみます。距離がわかったらその長さのラインを手に持ち、ファイナル・キャストします。こうすれば引っ掛かることが減るでしょう。

勿論、どの角度から狙うか、どの位近づくかなどを検討するのも大切ですね。

ブッシュの際といっても数センチの差で出たり、出なかったりしますので気を付けましょう。出た時は”してやったり!”と嬉しいものです。

僕も最初はビビってましたが今は平気です。要は馴れですね。

tag : 渓流 フライ・キャスティング

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

この前ご一緒した時、最初の渓流でブッシュの下でなく、中からブッシュをかき分け魚が出たことが印象に残ってます。

笑ってしまいましたけど。

またご指導お願いしまーす

naru様

ブッシュぎりぎりにキャストできれば最高でしょう。また、ブッシュの中(下)を通すことができれば同様にいいマスが釣れるでしょう。
下流から無理なら、横や上流からできないか、検討するといいでしょう。
柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード