早い瀬の向こう側の攻め方

DSCN0237a.jpg

以前にも少し触れましたが、早い、強い流れのすぐ向こう側を攻める場合、結構ドラグがすぐ掛かってしまい、難しいものです。
ポイントに近づけるなら、割とやりやすいのですが、離れて狙う場合は本当に難しいですね。

瀬のすぐ向こうが深くて対岸に岩があって、緩い所の幅が50センチぐらいだと大物がいる可能性も高く、上手く攻めたいものです。

ではどうするか?近づけない場合ですね。リーダーやティペットを固めて落とす!これに尽きます。上流側にライン、リーダー、ティペットを曲げても良いでしょう。でも固めて落とす方がドラグが掛かりにくいでしょう。

流れに対して何処から狙うか、距離はどうかも考えます。また、固めて落とした後、メンディングを追加するかどうかも考えます。追加する場合は上流へのメンディングやリフト・メンディング、ロール・メンディングをを使います。フライが動いちゃダメですよ。

また、開けた瀬の向こう側を狙う時はカーブ&スラック・キャストがベストでしょう。強い瀬の際は良型がついてるものです。最低でも70センチ以上は流したいものです。

こういったポイントは以外と攻めにくく誰もがきちんと攻められる訳ではありません。逆に言えば良型が残っているものです。練習してスキルアップしましょう!





tag : 渓流 フライ・キャスティング スラック・キャスト カーブ・キャスト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード