何故、パラシュートか?

今、僕が使うフライでパラシュートが何故多いか、理由をいくつか・・・

1.流下姿勢が安定している・・・水平ハックルが中心となって傾かない。テールを少なくするか、無くすとフックが水中に入り易いため、より安定する。
2.ドラグが掛かりにくい・・・1の理由も含めてボディーの一部やフックが水中に入るため、ドラグ・ヘッジ効果が高くなる。
3.ライト・パターンが大きく、よく目立つ・・・水平ハックルはライト・パターンが他のパターンより大きくなる。そのため流れの中で早く発見してもらえる。ボディーが水中にあることも発見の早さにつながる。
4.ウイングが派手でも良い・・・水平ハックルのお陰でウイングが目立たず、こちらが見やすい色を使える。

こんなところが主な理由です。たいした理由ではありませんし、重箱の隅をつつくようなものですが、今はこれにこだわっています。
同じパラシュートでもプードルやアンブレラ・タイプはもっと上記の理由を重視した形だと思います。効果が高いのは実証されてますね。

一般に渓流で使われるパターンにはエルクヘアカディス、ソラックス、シンセティック・カディスなどがあります。
それらと効果を比較すると面白いかもしれませんね。

CDCパターンは気をつけないとドラグが掛かりやすくなります。

いつも言っていますがこれも僕の考えなので、参考程度にして下さいね。

tag : 渓流 フライ フライ・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード