ロング・リーダーは必要か?

前にも書きましたがロング・ティペット・リーダーは必要か?再考してみます。

これはあくまでも僕の経験から出た考えですのでご了承くださいね。

いろいろな考えがあると思います。「いらない」、「馴れてから」、「好みの問題」等々・・・

狭い場所や、木が低く被さっている所では不要かもしれませんね。僕が普段入っている川ではロング・ティペット・リーダーでやっています。

LTLのメリットはと言うと・・・ドラグが掛かりにくいということ。逆にデメリットは投げにくい、絡む、風の影響を受けやすい、精度が落ちる・・・

デメリットを無くせばすごくいいシステムだと思います。カーブやスラックが掛かり易いし、ラインのプレッシャーも低くなります。マスも食いやすくバレにくくなります。使いこなせれば(これがキモ)ドラグが減り、釣果も伸びます。

LTLについてよく聞くのは「やってみたがトラブルだらけ」、「難しい」など・・・です。
しかし、LTLのメリットをよく認識してもらえれば後は練習あるのみです。

渓流でドライで釣る場合、基本は「マスのいる場所へ、食いやすく流す」・・・につきます。「場所」は短いシステムの方が楽です。「食いやすく」はドラグを無くすことが一番大事です。(ここが意見の分かれるとこです)

LTLにはキャスティング技術が大事です。システムの研究も必要です。徐々に馴れていくことです。狭い場所では臨機応変に対処しましょう。

LTLを始めた頃、ラインで水面をよく叩きました。精度もイマイチ、よく絡みました。
でもたくさん釣れるようになりました!!圧倒的な差を実感しました。まだまだ完ぺきではありませんが今も上を目指して練習しています。





tag : ロング・ティペット・リーダー フライ・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

LTL

こんばんは。

今回の記事、激しく同意!です。

柚木さんほどのLTL長さはまだまだ無理ですが、
レベルアップ目指します。

LTL記事

こんばんは。

今回の記事、激しく同意!です。

柚木さんほどのLTL長さはまだまだ無理ですが、
レベルアップ目指します。
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード