ブロックで攻める

DSC_0300.jpg


何度も書いていますがあらためて。底石が多く、流れの変化も多い。また、流れの幅もあります。ということはいろんな場所にマスがいるということです。

本題です。ここで5mを一度に流すことが最良でしょうか?僕の見て来た方のなかにはそうする人が結構みえたのです。一概に間違いとは言えないです。でもマイマス要因が多いと思います。ドラグが掛かる、ラインの悪影響が出る、釣れるマスの数が減る・・・など。

提案です1、2mぐらいの長さに分けて流してはどうでしょうか?。そうすれば上記のマイナスが減ります。ブロックで攻めるという訳です。手前から奥へ、下流から上流へと打っていくのです。

これは基本的な攻め方で例外もありますし、人によっても違ってくると思います。例えば大物を優先する、大物がいそうなポイントを優先する、流れや深さ、底石などを見て臨機応変に変えていく、アマゴを優先する、イワナを優先する、ポイントに優劣がつきにくいので長く狙ってみる・・・など。

まずは長く流そうとしないでブロックで攻める。だんだん馴れてくるにしたがって変えていったらいかがでしょうか?

もう一つ。これも一つのテーマとなりそうですが・・・あまりメディアでは見ないことです。
上記のブロックで攻めるを実践した時、歩き方ですが1、2mずつ歩くはずですね?ところが実際はほとんどの方がジワリ、ジワリと一歩ずつ上流へ進むのです。ブロックで攻めていないからでもあるのですが・・・
次に狙うポイントが2m上流なら2m進む。こういったことを頭に入れてやりたいものですね。

これに関してもう一つ、メディアでもあまり言われないことがあります。
それは「流し終わったポイントを何回も流す人がいる」ことです。
例えば2m流したとします。次はその上の2mを流しますよね?その時、流し終わりが最初の2mの最後の所なのです。
さらに上を狙って流す時、また流し終わりの最後がそこなのです。つまり流し終わったポイントを何回も流すのです。ついには自分の横にフライが来ることも!!
絶対に悪いとは言いません。たまには出る時もありますから。
こういう方の場合、2m流したら自分が2m歩くということをやっていないからだと思います。同じ場所からラインを伸ばして打つこともあるのでしょう。

これをすることのマイナスは「無駄」、「ラインが余分に流れるのでトラブルが増えるし、キャストもしにくくなる」などです。
「流したポイントは流さない。」を心掛けましょう。

tag : ポイントの攻め方 フライ・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴39年 主に中部地区の渓流に通う。ここ23年は春は本流でマッチザハッチの釣りを楽しむ。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード