渓流フライで大切なこと

2_20130717230408.jpg

あらためて渓流の基本を書いてみます。

1、マスのいる所を覚える。
2、そこへ投げる。


この2つに尽きると思います。ただ、そう簡単ではないですよね!
1の場合でも経験も必要ですし、水量、先行者、季節、時間、虫、透明度、水温、太陽、流れ、水深、石などの要素などが左右します。
2の場合もキャスティング技術(プレゼンテーション)、ドリフト、どこへ落とすか、どこまで流すか、ドラグ、フォルス・キャスト、障害物などたくさんの要素がありますね。

でもこの2つを覚えることができれば釣果につながることは間違いないと思います。最初はトラブッたり、上手く投げられなかったり、ドラグが掛かったりするでしょう。でも心配は御無用です。徐々に馴れたり、上達します。
2つがだんだんわかればフライに出たり、釣れたりするでしょう。そうなれば楽しくなりますし、続けていくこともできるでしょう。これが大切なことですね。

基本は勿論他にも色々ありますね。川の選び方、川の歩き方、アプローチ、タックル、フライ、色々な投げ方、ライン処理、合わせ、取り込み、リリース法、色々な危険回避法、マナーなどですね。

まず、その2つを基本に安全、マナーを心掛けて取り組んではどうでしょうか?

僕も微力ですがお手伝いできることがあると思います。


tag : 渓流 フライ・スクール キャスティングスクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード