渓流でのフライはどのくらい重要か?

僕の今までの経験からの考えです。異論もあると思いますが参考までにお読み下さい。

渓流フライでの重要度は・・・①ポイントの把握 ②落とし方&流し方 ③アプローチ ④フライの順番だと思っています。(もっと後ろへ来るかもしれません)

フライはそこそこ合っていればいいと思います。

大まかに言うと「マスのいるところへ食べやすく流せるか?」につきます。マスのいないところやフライに気づいてもらえなければ始まりません。いろんな理由でマスを驚かしてもダメですね。

もう一つの理由は・・・マスは食べるものを必要以上に選んでいたら「飢えて」しまいます。なので上手く流せばほとんどはフライに反応してきます。勿論、いろんな理由でナーバスになっている場合もあります。そんな時は早く察知して対処すれば良いでしょう。

さらに・・・ゆるいところは別として早い流れでは「フライを吟味しているヒマはない」ということです。迷っていたら「エサ」は流れ去っていくのです。

このような理由でフライの重要度は上位にこないと思う訳です。ただ、重要になる場合があります。先にも書いた「マスがナーバスになっている時」、「スレている時」、「何かの虫がたくさん流れている時」、「増水や渇水など」の場合です。

普通の場合は「どの筋の、どこへ落として、どこまで、自然に流せるか」が一番重要になると思います。





tag : フライ・スクール 渓流 フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード