アマゴ(ヤマメ)が釣れない&釣りにくいという方へ

今までの経験で「アマゴ(ヤマメ)が釣れない、釣りにくい、苦手」という方がいらっしゃるのを知りました。

ブログなどを拝見していてもイワナはたくさん出てきますがアマゴなどは少ないように感じます。
何故でしょうか?少し考えてみましょう。

割とよく聞くのが「瀬を釣るのが苦手」というもの。何故苦手なのでしょう?ドラグが掛かる。フライが見にくい。いつも近く(落ち込みや巻きなど)ばかり釣っているから・・・こんなところでしょうか?

ご存知のようにアマゴ(ヤマメ)は早い瀬についています。大物になればなるほど深くて早い流れにいます。こんな急な波だらけの瀬にいるの?と思うところにもいます。

アマゴ(ヤマメ)を釣ってみたいと思っている方はいろんな瀬を攻めてみてください。ドラグが掛かったり、フライが見にくかったりしますが(いつも使ってるフライより大きなものを使う)気にせずトライして下さい。

ドラグが掛かる・・・まず、フライから先に落とすことを心掛けます。ラインから先に落としてはいけません。
次にできればカーブやスラックをいれましょう。


フライが見にくい(沈んでしまう)・・・上にも書きましたがワンサイズ(時にはツーサイズ)大きいフライを使いましょう。特に早い流れで波立っているところでは大きいフライのほうが発見されやすくなります。
フライが沈んでしまうのはドラグのせいです。なんとしてもドラグを減らす努力をしましょう。

遠いポイントが苦手、開けた瀬が苦手・・・ラインをあまり出さず、ロッドを上げてラインを水につけないで釣りをしている方はこういう場所は釣りにくくなりますから、少しラインを伸ばしてトライしてみて下さい。

流芯を狙ってみる・・・瀬でもゆるい場所ばかり狙っているとイワナになりますから流芯付近も狙ってみて下さい。

石の下や緩いポイント、落ち込みの巻きなどはイワナですので上に書いたようなポイントをやってみて下さい。
馴れてくれば大きくてきれいなアマゴ(ヤマメ)が釣れると思います。




tag : フライ・スクール アマゴ・ヤマメの釣り方

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード