思いつくままに

渓流のフライ・フィッシングでのコツや覚えておいて損のないことを色々思いつくままに・・・

ロッドを持って歩くときは竿先を後ろにして持つ。竿先が前方だと何かにぶつけて折る危険性があります。

ロッドのジョイントにはワックス(市販されているものでも良いし、ローソクでも良い)を塗っておく。振っていても緩まないし、抜く時には抜きやすいです。

川を歩く時はなるべく岸を歩く。水の中は魚を驚かすし、石がすべる時もあります。それに水の中を長く歩いていると足が疲れます。また、後から来るかもしれない釣り人への配慮にもなります。

石の上に乗って歩かない。すべるし、石が動くこともあります。石と石の間の低いところを歩くようにします。馴れですから安全と思えば石に乗ってもいいでしょう。

水の中も陸上も大股では歩かない。間違っても飛ばない。急がない。こけたら危険です。

いつも頭上を見るクセをつける。木にフライを引っ掛けることが減ります。次のポイントへ歩く時も上を見ます。前もって情報を得るのですね。

後ろの草などにフライが引っ掛かる方はバック・キャストでフライが下がっているはずです。キャスティングにも原因がありますが防げるコツがあります。フライを自分の近く(下流)まで流しすぎていませんか?そしてそのままいきなりバック・キャストに移っていませんか?これが原因です。ラインが緩んでいるので後ろ高く上がらないのです。防ぐには前方へロール・キャストをしてからバック・キャストに移ります。別の方法としてスパイラル・ピックアップやスネイク・ピックアップもあります。
また、流れてくるラインをたぐることも良い方法です。


キャスト中にフライがロッドに絡む。上記の原因が主です。ラインがたるんでいるのが原因です。次のキャストに移る時はロール・キャストをしてからバック・キャストに入ります。又はスネイク・ピックアップを使ってもいいでしょう。それからバックとフォワード・キャストの面をずらしても良いでしょう。

フライをつかむ時はロール・キャストを使う。ロッドを上げてきたらラインかリーダーの途中をつかみます。手をワッカにしてロール・キャストをするとフライが手に来ます!!

ティペットやリーダーを結んだ時、カットする時はギリギリに行う。少しでも出ていると引っ掛かる恐れがあります。

一方、フライを結んだ時は少し余らしてカットする。普通は2ミリほど。すっぽ抜け防止です。

釣りじたくをする時はロッド・セットは一番後にする。
最初や途中でロッドをセットするとどこかに置く場合に折る危険があります。ウエダーを履き、ベストを着て、他の物を身に付けてから、最後にロッドをセットします。

新しいリーダーをパッケージから出してほどく時はリーダーの輪の中に指を3本入れてリーダーに丸くテンションを掛けた状態にしてほどく。

どれも知っている方がいるかと思います。でもこういった基本ともいえることをまだご存知ない方がいるのも事実です。また、思いついたら追加していきます。







tag : フライ・スクール フライ・フィッシング・スクール

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード