瀬でのドラグの防ぎ方

先日、瀬でのアマゴ(ヤマメ)の釣り方を書きましたが質問がありましたのでもう少し詳しく書きます。

質問は・・・●フライを先に落とすとありますがリーダーやティペットが伸びてもいいのですか?
      ●瀬ではどうしてもドラグが掛かってしまいます。どうすればいいのですか?
      ●ラインを長く出して遠くから釣りたいのですがどうやればいいのですか?

フライを先に落とす・・・とりあえずこれから始めればというものです。ティペットやリーダーが伸びても構いません。と言うより真っ直ぐ伸ばして落とすことが大事なのです。プレゼンテーションの基本だからです。この投げ方が上手くなれば次の段階である、曲げる、固めるにつながっていくのです。

瀬ではドラグが掛かる・・・リーダーやティペットにカーブやスラックを入れるといいでしょう。前提としてティペットを長くします。リーダーも長くするとやりやすいでしょう。短いリーダー・ティペットでも可能ですが技術が相当必要です。また、カーブやスラックの投げ方も練習が必要です。

カーブを掛ける投げ方は・・・まず、ループをサイドにもっていき、ターンオーバーしないように落とします。よく言われる「U字カーブ」ですね。カーブの幅、深さも投げ分けられるとなお良いです。最初はバシャッと落ちたりコントロールが上手くいかないと思いますが練習して下さい。

スラック(固めて落とすとか、クシャと落とすと言われる)の投げ方はここでは省きます。

ラインを出して遠くから釣りたい・・・これをする為にはまず、キャスティング技術を磨きましょう。ループ・コントロールをマスターする。プレゼンテーションを上手くできるようにする。その上で真っ直ぐ伸ばしたり、曲げたり、スラックを作ったりしていくのです。最初は上手くいかなくてもやってみることです。挑戦が大事です。

しかし、文章だけではわかりにくいと思います。カーブにしても実際に手を添えたり、力加減の説明をしないと簡単ではないと思います。完璧にできてる方は僕が今までに見てきたなかでは数名しかいません(Iプロ、N氏、SAプロ、SI氏、O氏など)。
川で見かける方々ではほとんどおりません。U字カーブという言葉は多くの方が知っていると思いますが実際にできるにはコツと練習が必要のようです。

そのやり方を文章で表現するのは少し無理があるように思います。動画ならちょっとは参考になるかもしれませんが微妙な力加減は説明しにくいです。

あえて文章で書くと・・・フォワード・キャストをスタートして3分の2まではループを作って引っ張ってきます。最後の3分の1のところで力を抜きます。又は手を前方に突き出します。又は手を顔の前にひねります。どうですか?わかりますか?ヒントはロッド・ティップを返さないことです。返してしまうとターンオーバーしてしまうからです。ループを作ってループをほどかずに落とすわけです。

いつも言ってますがドラグを防ぐにはカーブ&スラックが必要です。方法は上に書いた以外にもあります。他にも立つ位置を考える、リーチ・キャスト、メンディングなどの方法があります。




tag : カーブ・キャスト スラック・キャスト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード