ロール・キャストの応用

ロール・キャスト・・・皆さん良くご存知ですよね。渓流でも頻繁に使います。そこでいくつかの場面での使い方を書いてみます。

フライを掴む為・・・フライを交換したり、ティペットやフライのチェックの為にフライを掴む時に皆さんはどうしてますか?

よく見かけるのがロッドを脇に抱えたり、下に置いたりしてラインをたぐってリーダーやティペットを徐々にたぐり、最後にフライを掴むというもの。これも悪くはないのですが手間が掛かり、地面に置いたラインなどが絡んだりする為、トラブルが多くなります。もっとスマートにやりたいですね。

おすすめの方法・・・ラインをある程度巻取り、ロッドをゆっくり上げてきます。ラインの先端付近かリーダーを掴みます。次に前方にロール・キャストをします。掴んでいる手をワッカにしてればフライが手に来ます!

すぐ慣れますのでやってみて下さい。

次のキャストに移る時・・・良く見かけるのが次のキャストに移る時、いきなりバック・キャストに入るというもの。こうするとラインが張っていないのでバック・キャストのラインが下がって後ろに引っ掛かったり、フライがロッドに絡んだりします。

おすすめの方法・・・次のキャストに移る時は前方にロール・キャストをしてからバック・キャストに移ります。フライを流し終わる頃にはラインが手前に来て、たるんでいるのが普通です。ここから後ろに振らずにロッドを立てて前方にロール・キャストをします。前方に伸びたところでバック・キャストに入るとラインが後ろ高くに伸びていきます。

この方法はいくつか利点があります。フォルス・キャストの回数が減ります。トラブルが減りますのでスマートなフライ・フィッシングができます。

対岸のマキなどを釣る時・・・ロール・メンディングという方法を使います。プレゼンテーションでスラック・キャストをした後、ロール・キャストをするものです。

手前に強い流れがある場所ではすぐにドラグが掛かってしまいます。カーブやスラック・キャストだけでは長くフライを浮かべておけない場所ですね。近づいてロッドを高く上げて狙うこともできない場所です。

おすすめの方法・・・まず、たくさんのスラックが入るキャストをします。次にすぐにロッドを上げて手前の強い流れを越えるようにロール・キャストをします。つまり強い流れにラインを乗せないようにするのです。1回でダメなら何回もロール・キャストを行います。

この時、リーダーやティペットに入ったスラックを減らすようなロール・メンディングはダメです。フライが動くなんてのはもっとダメですね。

必要なら手元のあまったラインを出すようにします。

このテクニックは強い流れのすぐ向こう側を釣る場合などにも使えます。ドラグを防いで長くフライを浮かべておく重要なテクニックですのでマスターしたいものです。

石に引っ掛かったフライを外す・・・入って行けない場所などの石にフライが引っ掛かった時は石の向こう側へロール・キャストをします。外れる時が結構ありますよ。

注意・・・いずれの場合でもロッドを振った時にロッド・ティップが石に当たらないように気をつけて下さい。

tag : フライ・スクール ロール・メンディング ロール・キャスト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

めちゃくちゃ為になります!、ありがとうございます!。あとは練習頑張ります!(笑)

k様

コメントありがとうございます。
すでに知っている方も多いと思いますがスクールや他の方を拝見しててキチッとできていない場合がありましたので少しでも参考になればと思って書いています。
以前も書きましたがここで僕が言ってることは実際にやってきたことです。勿論、本やビデオ、プロの方などから参考にしたことも多いですが自分で考えたこともあります。
何でだろう?原因は何か?どうすれば・・・と考えてきました。
頑張って下さい!
柚木
プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード