フライフィッシング・・・リーダーよ、出でよ。

フライフィッシング。楽しいですよね。僕も33年以上続けています。今も情熱は色あせることはありません。というより、ますます思いは強くなっているように感じます。

年齢的にあとどれくらいできるかなということもあるのでしょうが、最近は1日1日を大事にしたいと思うようになりました。

人によって楽しみ方は色々です。たくさん釣りたい、大物を釣りたい、竿を振っているだけで充分・・・などなど。

僕は思うようにしてます。1日が終わったあと、「楽しかった・・・」と。

メル・クリーガーさんや西山徹さん、芦沢一洋さんなど、先達の考え方が影響しています。

メルさんは「フライフィッシングはクワイエット・スポーツです」と言っています。「年齢に関係なくできる」とも。彼の言葉はいつも「詩的」でした。ガツガツしてないんですね。「お・と・な」なんです。

西山さんには何度もお目にかかっていて、彼の釣りに対する姿勢にはいつも感銘を受けてきました。彼の釣りは「本当に楽しそう」にやっておられました。そんな釣りを見るたびに「僕もいつかはああなりたい・・・」と思いました。今、そうなっているかと問われればいささか疑問ですが・・・

芦沢さんには残念ながらお会いしたことはありませんが著作などから「精神的な」ものを読み取ろうと思いました。彼はテクニック論をあまり言わなかった人だと思います。「フライフィッシングの到達点」を会得していたんだろうと思います。

3氏ともすでに亡くなられていますが僕の心の中では今も生きています。間違ったことをしていたらきっと「だめじゃないか・・・」と叱ってくれるでしょう。

ちょっと残念なんですが現在のフライ界で彼らのような存在の人が少ないような気がします。僕もテクニック論を中心にゴチャゴチャ言ってますので(僕なんか・・・と言えるレベルではありませんが)こんなことを言えた義理ではないのですが。

現在、活躍されている有名な方々(僕も尊敬してます)がたくさんおられます。テクニックは素晴らしく、目を見張るものがあります。

彼らの中から、テクニックや大物をよく釣る・・・といったものを超越した、「精神的支柱」、「良きリーダー」といった存在の人が現れて欲しいと思います。

こんな風に思うのは僕だけでしょうか?

そういった方が現れた時、日本の「フライフィッシング」は円熟の時期を迎えられるのでしょう。

そんな存在になって欲しい人が僕の中で何人かおられますが・・・









コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

YUKI携帯09034596804

Author:YUKI携帯09034596804
柚木光宣。(ゆきみつのり)三重県、いなべ市在住。フライ歴40年 主に中部地区の渓流に通う。
大安トラウトレイクに14年間勤務。他の趣味はブル-グラス(アメリカのアコ-スティック・カントリ- ディキシー・チックス、サードタイムアウト、ドック・ワトソン、カーター・ファミリーなど)、山本潤子、ゴスペル、ジャクソン・ブラウン、イーグルス、NFL、山の幸、山歩き、キャンプ。

カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード